麻雀入門(その2)





 

基礎編1
麻雀とは!?

麻雀とはどんなゲームかご存知でしょうか? 麻雀牌を並べて「ポン」とか「ロン」をして、点数を稼ぐゲーム。なんとなく抱かれているのはそんなイメージでしょうか。はい概ね正解です。

麻雀というゲームを定義すると次のようになります。

「4人のプレイヤーが、各々に与えられた30,000点という得点から5,000点ずつを出し合い、供出された合計20,000点を、終了時に最も点数の多かった者に与えるゲーム」

ピンときませんか? きませんよね。はい、今はそれで結構です。

最も点数の多かった人が優勝者なのはお分かりいただけるかと思います。
特徴的なのは「優勝者に、皆で持ち寄った懸賞(20,000点)を与える」という点です。

1位と2位の差が100点であっても、その差は20,000点になるのですから、いかに優勝することに価値があるか、理解していただけるでしょう。

簡単にいうと麻雀は「2着じゃダメなんです! 優勝じゃないと意味がないんです!」というゲームなのです。

その1

その3