麻雀入門(その7)








基礎編3
ゲームの進め方

3-2.牌山を積む
まず、卓上の牌を4人ですべて伏せた状態にし、種類がわからないようにします。
次に牌をかき混ぜます。これを洗牌(シーパイ)といいます。

牌が表を向かないように混ぜるにはコツがあります。手の平で牌を横から押すようにすると、表向くことなく混ぜることが出来ます。

その後、牌を裏向きのまま17枚自分の前に並べてください。

次にその17枚と同様に、もう1列17枚をくっつけて並べてください。

その2列17枚の牌を前に出し、手前の17枚を奥の17枚の上に載せてください。

出来たら、4人がそれぞれの牌山を少し右斜めに出しましょう。そうすることで、牌を皆が持ってきやすくなります。

これで牌山の完成です。
※牌山を積むときには両手小指ではさむように持ち上げるのがコツですが、慣れないうちは一度に積もうとせずに分けて積みましょう。

その6

その8