麻雀用語

麻雀用語の後付けの説明麻雀用語

後付け(あとづけ)とは ‐ 最初のチーやポンでは役がないが、後から役が確定する鳴き方

後付けとは 後付けとは、麻雀の鳴きの方法のひとつ。「バック」とも言う。 最初に他家からチーやポンをしたメンツが役に関係なく、2つめ以降のチー・ポンかアガったときにはじめて役ができるような鳴き方。 「後から役を付ける」が名…

麻雀用語の壁の説明麻雀用語

壁(かべ)とは ‐ 特定の数牌が自分から4枚見えている状況、ノーチャンスとも呼ばれる

壁とは 壁とは、他家の危険牌を判断するために、手牌や捨て牌、仕掛けなどから読み取れる情報の一種。 特定の数牌が自分から4枚見えているとき、他家はその牌を持っておらず、その牌を用いた待ちにはできない。このように特定の牌が4…

麻雀用語・亜リャンメンの解説麻雀用語

亜リャンメン(ありゃんめん)とは ‐ 雀頭(アタマ)とリャンメンの搭子がくっついた形

亜リャンメンとは 亜リャンメンとは、手牌のなかの特定の形を指す用語。 などのように、雀頭(アタマ)とリャンメンの搭子がくっついた形を指す。 上記の例の場合、とで分けると順子+タンキの形、とで分けると雀頭+リャンメン搭子の…