字一色(ツーイーソー)とは? 字牌だけを使って手を揃えると成立する役満

麻雀役の説明 ツーイーソー




字一色(ツーイーソー)は、難易度が高く、出現頻度も比較的低い役満です。見た目のインパクトは大きいですが、目にする機会は多くないかもしれません。

そもそもの難易度が高いのであまり期待することはできませんが、字牌を使った役満とは複合しやすく、他の役満と比べるとダブル役満以上を狙える可能性が若干高いです。

字一色(ツーイーソー)が成立する条件

字一色は、手牌をすべて字牌のみで揃えると成立する役満です。門前でなくとも成立し、必ずトイトイ形かチートイ形になるので、鳴いた場合は形のうえでは対々和(トイトイ)となります。

・手牌をすべて字牌で揃える
・門前でなくてもOK

字一色=手牌をすべて字牌で揃える
  アガリ

字一色(ツーイーソー)と複合する役満

役満の複合が認められている場合、字一色は主に以下の役満と複合することができます。字牌を使った役満なので、同様に字牌を使う役満と相性が良いです。

字一色(ツーイーソー)+ 大三元

大三元(ダイサンゲン)は、3種類の三元牌をすべて刻子で揃えると成立する役満です。使う牌の種類的に、字一色と最も相性の良い役満と言えます。

    アガリ

大三元(ダイサンゲン)とは? 三元牌をすべて刻子にすると成立する役

字一色(ツーイーソー)+ 四喜和(スーシーホウ)

4種類の風牌をすべて使う小四喜(ショウスーシー)や大四喜(ダイスーシー)などの四喜和(スーシーホウ)も、字一色と相性が悪くありません。

   アガリ

四喜和(スーシーホウ)とは? 4種類の風牌すべてを4面子1雀頭のなかで使用すると成立する役満

字一色(ツーイーソー)+ 四暗刻(スーアンコウ)

字一色はトイトイ形になることが殆んどなので、門前でテンパイできればまれに四暗刻(スーアンコウ)とも複合します。

   アガリ

四暗刻(スーアンコウ)とは? 暗刻を4つ作ると成立する役満

字一色(ツーイーソー)の注意点

警戒されやすい

字一色は、門前でなくとも成立する役なので、鳴いて手を進めることが可能です。ただしその場合、字牌のみを複数回鳴くという展開になりやすく、染め手の可能性を含めて警戒されやすくなってしまいます。

そういった展開になると他家も字牌を切り辛くなり、字一色をテンパイすることができてもロンアガリにはつながりにくくなりますので、注意が必要です。

字一色(ツーイーソー)のまとめ

字一色は、役満のなかでも難易度が比較的高く、目にする機会も多くはありません。また、鳴きで手を進めることになる場合が多いので、過剰に目立ってしまいがちな役満でもあります。

ただ、大三元などの他の役満と複合しやすく、もしダブル役満でアガることができれば(シングル役満だとしても)その半荘の勝利はかなり確実なものとなりますので、狙えそうな場合は少々のデメリットは無視しても良いかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする