しぬこ、新しい下着でイケメンと麻雀

こんにちは、麻雀を学んで早2か月ほど経ちましたが未だに飛んで飛んで飛んで飛んでハコッてハコッてハコッてハコるぅうううぅ〜う〜しぬこです。

前回、麻雀を覚えたいなぁ~とTwitterでつぶやいたその後、数々のプロ雀士さんからリプでルールを覚えるサイトや動画を頂き、これはもう後には引けないぞ、と覚悟を決め、

ルールを覚えるために動画を見始めるも、イーピン、テンパイ、シャンテンなど、独特の単語と漢字が飛び交い、脳が理解することを拒否、唯一覚えられた単語はパイパン、私の麻雀人生終わり。と思っていた時、フォロワーからリプが来ました。
「プロ雀士さんはイケメンが多いです。しぬこさんも推し雀士さん探してみてください。」

な ん で す と 

そのリプを見た、コンマ5秒後には、Googleに「プロ 雀士 イケメン」と入力して画像検索をし、数々のイケメンたちを舌なめずりしながら眺め、見つけました、ドタイプ。

矢島亨さんです。

需要があるかどうかは分かりませんが、私の好きなタイプを紹介します。「静か、無口、冷静、丸顔、白い、もやし、生気のない顔、サラサラの髪」
そうです、どう見ても矢島さんです。

フォロワーに、「矢島さん、タイプですね。」と返事をしたところ、「麻雀教えるの得意ですよ!」と、フォロワーではなく、矢島さんから返事が返ってきました。Twitterって最高

その後、矢島さんからDMで、よかったら教えますよ!と連絡が来て、正直どこまで何まで隅々まで教えてもらえるんですか?と、淡い(むしろ濃い)期待を持ち、ネットで誰にも会わないとか散々言っていたくせに、3秒後には会う約束をしていました。

そして当日、特に深い意味は無いですが、新しい下着を身につけ、待ち合わせ場所に行くと、

続きは近代麻雀10月1日発売号「麻雀一年生」で!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!