Mリーガーになることは通過点の一つ、自分が最強だと証明したい EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【坂本大志インタビュー】

Mリーガーになることは

通過点の一つ、

自分が最強だと証明したい 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【坂本大志インタビュー】

坂本大志(最高位戦日本プロ麻雀協会)

Twitter:https://twitter.com/saikouimasashi

 

-このオーディションには、どのような思いを持って参加されたのでしょうか。

「自分は麻雀が強い」ということを証明したかったんです。麻雀で強くなりたいですし、自分が1番になるための舞台としてMリーグという舞台は絶対に必要だと思っていましたので、今回参加しました。参加している方の多くはMリーガーになることを目標にしていると思いますけど、僕はMリーガーになることが目標ではなく、Mリーグで勝つことが目標です。カッコいい言い方をすれば「通過点」という感じです。

-坂本プロは自団体の頂点である「最高位」になられたこともあり、強いのは誰しもが認めると思いますが、まだ足りないところがあるのでしょうか。

そうですね、僕は昨年最高位を獲りましたけど、「最高位戦で一番強いのは誰」となったとき、やっぱり村上(淳)さん、近藤(誠一)さん、園田(賢)さん、水巻(渉)さんなどが挙がってきて、僕の名前はほとんど出てこないんですよ。最高位を獲るだけでは自分の麻雀は認められないと痛感し、「もっと結果を出さなきゃいけない、ここで勝つぞ」という意気込みで出ました。

-今回のオーディションにも、実力のあるプロが多数参加しています。

確かに強いですけど、普段やっているステージよりも強い人がいるかと言われたらそんなことはないので、チャンスはあると思います。なんとかこのチャンスを手繰り寄せたいと思っています。

-このオーディションでは、最高位戦のプロの方がかなり苦戦している印象です。

まだチャンスが残っている人は何人かいますけど、醍醐(大)さんがあれだけ沈むのは想定外でした。最高位戦の順位点だと2着の価値が高いので、まとめるのがうまい選手が多いのですが、そのバランスを切り替えられずに伸び悩んだ人が多いのかな、という印象があります。

-坂本プロのファンの方、最高位戦ファンの方に向けて、メッセージをいただけますか。

最高位戦を応援してくれる人、そして僕を応援してくれている人もいるので、そういった方々に対して恥ずかしくない麻雀を打たないといけないと思います。見られているわけではないですけど、見られていないからと言って打牌が変わることもないですし、応援してくれるファンの人たちのために、最後まで全力を尽くして打ちたいです。

 

EX風林火山ニューメンバーオーディションはABEMAプレミアムにて配信中!

6月28日:#長村大 VS #松ヶ瀬隆弥 VS #岩崎啓悟 VS #一井慎也(1回戦)

https://abema.tv/video/episode/558-1_s1_p41

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!