週末開演、満員御礼!Mリーグいくさ物語「内川幸太郎伝」【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮




熱論!Mリーグ【Sun】

週末開演、満員御礼!

Mリーグいくさ物語

「内川幸太郎伝」

文・東川亮/2019年11月10日

麻雀界に内川幸太郎という雀士がございます。

この男、なかなかの美丈夫にして、「マエストロ」の異名を持つほど麻雀の腕も達者。2018年に発足した麻雀のプロリーグ「Mリーグ」のドラフトでも、どこぞのチームから声がかかるのでは、と評判になっておりました。

しかしドラフトでは、彼の名が呼ばれることはなかった。

内川、さぞかし悔しい思いをしたのでしょう。

この後、彼はMリーグ入りへの思いをはっきりと口にし、さらなる麻雀修業に打ち込みます。

人の強い思いというのは、時として、道なき道を切り開く力を持つものでございます。

内川は、自団体の大会「十段戦」で並み居る強豪を打ち倒して優勝。

高い実力にタイトルという裏付けも得た彼は、今期から参入した「KADOKAWAサクラナイツ」、桜の騎士の一番槍という栄誉に預かり、Mリーグの舞台へ名乗りを上げたのでございます。

その内川、序盤は苦戦続きであったものの、自身の4戦目で初トップを獲得。上り調子で迎えた自身8戦目は、盟友、岡田紗佳の悔しい敗戦を受けての登場とあいなりました。

くしくもこの日は、KADOKAWAサクラナイツのパブリックビューイングが開催されておりました。桜の騎士を愛するサポーターが一所に集まり、選手に声援を送っていたのでございます。

「ここで負けるわけにはいかない」

卓につく前の内川、眼鏡の奥の瞳がギラリと光ったように見えたのは、気のせいでございましょうか。

「大和証券Mリーグ」11月10日の第2試合、はじまりでございます。

第2回戦
東家:鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)

南家:和久津晶(セガサミーフェニックス)

西家:内川幸太郎(KADOKAWAサクラナイツ)

北家:白鳥翔(渋谷ABEMAS)

この試合で序盤のペースを握ったのはセガサミーフェニックスの和久津。

和久津はここまでトップがないという身、この試合に勝ちたい思いはひとしおでございましょう。

東1局1本場では「アマゾネス」の異名通りのアグレッシブなカンリーチから、暗槓を経ての満貫ツモ。

さらに南1局1本場でも満貫のツモアガリを決め、大きくリードを奪います。

内川、ここまではじっ・・・とこらえ、先制を受ければ受けに回り、ただ点棒を払うばかり。

しかしその闘志は全く衰えておりません。戦うべきときを待つのは慣れたもの。

なぜなら彼は、Mリーグの舞台で戦うことを1年待ち続けたのだから。

そして迎えた自身の親番、南3局1本場。ここから、内川の反撃が始まるのでございます。

2巡目にを重ねると・・・。

 

3巡目に和久津からを打たれても目もくれず、平然と山に手を伸ばす。

「こんなを鳴いても勝ちには近づけない」

そんな内川の、心の声が聞こえるようだ。

丁寧に手を進めた内川、のシャンポン待ちで、この試合初めてとなるリーチの声。

ここでをつかんだのは「ゼウス」こと鈴木たろう。一度は止めるものの、を暗刻にし、攻めに転じるのであれば打ち出さないわけにはいきません。

内川がたろうから7700は8000のアガリだ。

さあさあ、反撃の火の手は上がった。

しかしながら二の矢を継がねば、トップまではまだ遠い。

次の南2局2本場では、役牌トイツの形。最初に打たれたを、内川、ここでも鳴きません。

 

やはりじっくり構えて手を育て、リャンメンが埋まるを引き入れると、ドラのをたたき切ってリーチ!

この記事のタイトルとURLをコピーする