週末開演、満員御礼!Mリーグいくさ物語「内川幸太郎伝」【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮

たろうもペンリーチで追っかけてくるも、これは純カラ、天は内川に味方したか!をツモって4000は4200オール。これで内川、東場の沈黙はどこへやら、昇竜の勢いでトップへと駆け上ったのでございます。

これにはパブリックビューイング会場も大盛り上がりだ!

さらに内川、怒濤の猛攻!

今度はわずか5巡でリーチ、電光石火の高め三色!

このリーチに真っ向から立ち向かったのは、トップが欲しい2番手、和久津。

なら使える手牌だったものの、ここでを引くというのが・・・

麻雀の無情、とでも言いましょうか。

2着目和久津から12000は12900のアガリ、内川は一気にトップを盤石なものといたしました。

「うっちかわ!うっちかわ!」

パブリックビューイングが行われていた東京・飯田橋では、そんなサポーターの歓声が響いたとか、響かなかったとか。

まだまだ内川の進撃は止まりません。

次局も絶好のを引き入れ、「パシーっ!」という小気味よい打牌の音と共に、3メンチャン待ちリーチ!

そしてこの鋭い眼光。内川の充実ぶりがはっきりと伝わってくるようでございます。

この宣言牌を鳴いた「麻雀ハイブリッド」白鳥、打ち出されたは内川のロン牌だ。5800は7000を加点。次局も8巡目の待ちリーチで相手を抑え込み、1人テンパイでいよいよ持ち点は6万点を越えた!

半荘最高得点も見えるところで迎えた南3局6本場、さすがに勢いに陰りが見えたか、内川の配牌はバラバラでございました。

しかしこの日の内川はキレが違った。

1巡目に打たれた

「ポン!」

これには内川を知る誰もが驚いたことでございましょう。こんなバラバラの牌姿から鳴くというのは、丁寧に手をつくる内川のイメージとはあまりにかけ離れている。おそらく、相手をけん制しつつ高くなるなら仕上げる、そうでなければオリるという発想だったのではないでしょうか。しかしながら他3者の目から見れば、今の内川のこんな仕掛けは恐ろしいことこの上なし。

そして内川の策にツモも呼応し、を重ねて直後にポン。

手も進んでラス牌のドラを引き、なんとテンパイまでこぎつけた。

しかしながらこのとき、和久津から待ちのリーチが入っており、内川もをトイツで落としてまわっておりました。そして内川がテンパイを取るなら、出ていく牌は

「さすがに打っても致し方なし」

サポーターもそんなことを思ったか・・・。

いやいや内川、を打たない。

2着目への放銃を回避し、横移動によってこの局を無失点でやり過ごした。

冷静沈着な打ち回し、サクラナイツのサポーターは、内川への信頼感をさらに高めたことでありましょう。

終わってみれば、6万点越えの大トップ。

内川は一番槍にふさわしい八面六臂の大活躍でポイントを積み、この大事な日に見事重責を果たしたのでございます。

まさに「流石」のひと言。

勝利者インタビューでパブリックビューイング会場へのコメントを振られ、

照れくさそうに「やったよ~!」

こんなところも、彼が愛される理由の一つでございましょう。

ゼウス、アマゾネス、ハイブリッドを退け、自身3つ目の武功を挙げた内川。しかしながらMリーグの舞台には、他にも多くのつわもの・くせ者が集っております。

魔王にゴジラ、超人、魔術師、軍師に暴君、ロボ、舞姫。加えてセレブにヒットマン、最高最強、まだまだいるぞ。

もちろん、負けることもあるのが麻雀でございます。しかしながら内川には、美しきアフロディーテ・岡田紗佳、そしてマムシと恐れられ、今なお健在の老雄・沢崎誠と、大変に頼もしい仲間がついております。

ここまで好調の桜の騎士たち、これからどのような戦いを見せてくれるのでありましょうか。目が離せぬとはまさにこのこと、次の試合も大注目でございます。

Mリーグいくさ物語「内川幸太郎伝」、このお話の続きは、また次回のMリーグで。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!