萩原聖人、6000オール一閃!! シーソーゲームを制して、チームメイトに捧げる5勝目獲得!!

萩原聖人、
6000オール一閃!!
シーソーゲームを制して、
チームメイトに捧げる
5勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の63日目第2戦は、萩原聖人TEAM雷電)がトップを獲得。萩原は東場で一時トップに立つも、他3者も大物手を順次ツモアガってトップが暫時入れ替わるシーソーゲームに。南場の親でのハネマンツモが決め手となって、萩原が5勝目をあげた。

2回戦の対局者は、EX風林火山滝沢和典セガサミーフェニックス茅森早香U-NEXT Pirates朝倉康心、そして萩原。

東2局3本場、南家の萩原が終盤でリーチ・ツモ。ドラ1・ウラ1の2000・4000で萩原がトップに立つ。

もちろん他家も黙ってはいない。各家、大物手をツモアガり、南3局の親番を迎えたときには萩原はなんと14,000点持ちのラス目。

萩原、5巡目にタンヤオピンフのリーチをかけて、9巡目に見事ツモアガリ。なんとウラドラが雀頭で6000オール! この一撃で再び萩原がトップに立つ。

次局1本場「思わず声が出た」と自身で語った、1巡目に朝倉からのポン。を中付けしてドラ1・赤1の2000オールをツモアガリ。

このアガリが決定打となって、萩原が5勝目を獲得した。

勝利者インタビューで萩原は「今日みたいな誰がトップを取ってもおかしくないような試合は、見ていて面白いと思うんで、いい試合だったと思います。そんな中ほんのすこしだけ、僕にツキが味方してくれたか、ファンの方の声援のおかげでトップを取れたので、ありがとうございます。まずはセミファイナル、行きますよ!と語った。

【Result】
1着 萩原聖人・雷電 3万4200点/+54.2
2着 滝沢和典・風林火山 3万2000点/+12.0
3着 朝倉康心・パイレーツ 1万7300点/▲22.3
4着 茅森早香・フェニックス 1万6100点/▲43.9

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +320.6(64/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +275.6(62/90)
3位 TEAM雷電 +133.0(64/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +27.4(62/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲10.6(64/90)
6位 渋谷ABEMAS ▲40.5(62/90)
7位 EX風林火山 ▲168.0(64/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲537.5(62/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

1月23日の対戦は
EX風林火山 vs セガサミーフェニックス vs TEAM RAIDEN / 雷電 vs U-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 EX風林火山 vs セガサミーフェニックス vs TEAM RAIDEN / 雷電 vs U-NEXT Pirates

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!