【雀士名鑑】土田浩翔(つちだこうしょう)、麻雀の宇宙へようこそ

土田浩翔 プロフィール

土田浩翔(つちだ こうしょう)は最高位戦日本プロ麻雀協会に所属するプロ雀士である。

1959年8月5日生まれ、大阪府出身。

7歳の時に麻雀に出会う。
1986年、日本プロ麻雀連盟入会。
1994年、日本プロ麻雀連盟の最高タイトル「鳳凰位(第11期)」優勝。
1997年、第9期麻雀最強戦優勝、最強位に。
2000年、王位戦優勝。
2005年、十段位と鳳凰位をダブル戴冠。それ以外にも放送番組などさまざまな場でタイトルを集める。
2006年、十段位連覇も日本プロ麻雀連盟大会。
2007年、同年に設立されたRMUに加入、2010年まで所属。
2011年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。

対子・刻子を使った手作りを好み、好きな役は「チートイツ」。
独自の麻雀システム「土田システム」を駆使し常人には到底辿れない手順でアガリをものにする。
Mリーグのレギュラー解説者としても人気を博している。

勝負飯はきつねうどん、座右の銘は「負けるが勝ち」。
空手(組空手)で千葉県大会優勝、関東大会3位となったことがある。
趣味は韓流ドラマの鑑賞、競馬観戦。
麻雀以外にも、競馬の書籍も出版している。

土田浩翔 獲得タイトル

第9期 最強位
第11・22 期鳳凰位
第22・23期 十段位モンド21王座 (第4回)
第26期 王位

 プロフィール

生年月日 1959年8月5日
出身地 大阪府
プロ入会 1986年
所属プロ団体 最高位戦日本プロ麻雀協会
SNS X/twitter

土田浩翔 関連リンク

【Mリーグ2023-24】本日は、多井隆晴選手と土田浩翔プロによる豪華ダブル解説!!【Mリーグほぼ毎日4コマ】藤島じゅん/VOL.590

『今』と対峙したレジェンド 土田浩翔と新津潔の戦い【 麻雀最強戦2023 】 男と女のデスゲーム 観戦記【A卓戦】担当 東川亮

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ書籍/