七対子(チートイ)とは? 対子を7組揃えると成立する役

麻雀役の説明 チートイツ




七対子(チートイ)は、4面子1雀頭の基本形と異なる特殊な形で成立する役です。出現頻度は比較的高く、形も覚えやすいので初心者の方も覚えて損はしないでしょう。

七対子(チートイツ)が正式な名前ですが、「チートイ」と略されることが多いです。その形から「ニコニコ」と呼ばれることもあるようです。

特殊な形で成立する役ですが、条件さえ満たしていれば他の役とも複合します。ただし、順子形と紛らわしい形になることもあり、その場合は複合しないので注意が必要です。

七対子(チートイ)が成立する条件

チートイは、対子を7組集めることで成立する役です。このとき、麻雀の手牌の基本形である4面子1雀頭を気にする必要はなく、チートイだけの特殊な形でのアガリが認められています。ただしそのアガリ形の都合上、手牌が3枚1組ではなくなるので鳴くことはできません。

・対子を7組揃える
・門前でのみ成立

七対子=対子を7組揃える
 アガリ

不成立となる例

チートイは、門前で対子を7組揃えることが条件となっていますが、同じ牌の対子を2組使うことは通常認められていません。つまり、同じ牌を4枚使った形ではチートイは不成立となります。

同じ牌4枚は対子×2にはならない

七対子(チートイ)と相性の良い役

チートイはその形の性質上、順子系の役とは複合しませんが、面子の形を問わない役とは複合することが可能です。

七対子(チートイ)+断么九(タンヤオ)

2~8の数牌だけを使って手牌を揃える断么九(タンヤオ)は、手牌の形が条件ではないのでチートイと複合しやすい役のひとつです。

 アガリ

断么九(タンヤオ)とは? 2~8の数牌だけで手牌を揃えると成立する役

七対子(チートイ)+ 混一色(ホンイツ)

数牌のいずれか1種類と字牌だけを使って手牌を揃えると成立する混一色(ホンイツ)も、手牌の形を問わない役なので比較的チートイと複合しやすい役と言えます。また、ホンイツの上位役である清一色(チンイツ)も同様に複合が可能です。

 アガリ

混一色(ホンイツ)とは? 数牌のいずれか1種類と字牌だけで手牌を揃えると成立する役

七対子(チートイ)+混老頭(ホンロウトウ)

手牌をすべて1、9の数牌と字牌のみで揃える混老頭(ホンロウトウ)も、チートイと相性の良い役です。混老頭はその条件の特性上、順子が使えない役なのでチートイか対々和(トイトイ)のどちらかと必ず複合します。ちなみに上位役である清老頭(チンロウトウ)は、使える牌の種類が6種類なのでチートイの形では成立しません。

   アガリ

混老頭(ホンロウトウ)とは? 数牌の1、9と字牌のみで手を揃えると成立する役

七対子(チートイ)の注意点

一盃口(イーペーコー)との複合はしない

同種同順の順子を2組作る一盃口イーペーコー)は、順子の形として手牌を考えるため、チートイと複合できません。以下の形は イーペーコー形が含まれていますが、手牌全体で見ると対子7組の形になるため、七対子のみです。

   アガリ

一盃口(イーペーコー)とは? 同種同順の順子が2組・門前でのみ成立する役

二盃口(リャンペーコー)とは複合しない

イーペーコーの形を2組作ると成立する二盃口(リャンペーコー)は、見かけ上チートイと同じ形になります。ですが、あくまで順子の組み合わせによる形なので複合は認められず、またリャンペーコーは3翻の役なので「点数の高いアガリを採用する」という麻雀のルールに従い、リャンペーコーの形になった場合2翻のチートイは不成立となります。

チートイとして解釈すると対子×7だが、
    アガリ

リャンペーコーとして解釈すると順子系
 アガリ

二盃口(リャンペーコー)とは? イーペーコーを2組作ると成立する役

七対子(チートイ)のまとめ

チートイは、対子を7組揃えるという比較的シンプルで分かりやすい形の役なので、初心者の方でも覚えやすい役です。立直(リーチ)をかけて裏ドラが乗れば、高い打点を狙うこともできます。

ただし、4面子1雀頭というルールとは異なる特殊な形であるため、順子系の手とは複合しない点には注意してください。

また、門前でしか成立しないうえに待ちが必ずタンキになるので、決してアガりやすい役というわけではありません。初心者の方は、無理な手順てチートイを狙う前に他の役への移行も視野に入れて手を進めましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする