一気通貫(イッツウ)とは? 1種類の数牌で1から9まで順子で揃えると成立する役

麻雀役の説明 イッキツウカン




一気通貫(イッツウ)は、2翻役のなかでは出現頻度が比較的高く、形も覚えやすいので初心者の方でも習得しやすい役です。

「一気通貫(イッキツウカン)」というのが正式な名前ですが、「イッツウ」と略して呼ばれることが多いです。その牌姿から転じて、「始めから終わりまで一通りそろっていること」を意味する言葉として、麻雀以外で使われることもあります。

3組の順子によって成立する役なので順子系の役と複合しやすく、鳴いても成立する役なので仕掛けてアガることもできます。

一気通貫(イッツウ)が成立する条件

イッツウは、3種類の数牌のうちどれかひとつの数牌を使って、123・456・789の3つの順子を作り、1~9までの形を揃えることで成立する役です。

・1種類の数牌で123、456、789の順子を作る
・門前でなくてもOK

一気通貫=1種類の数牌で123456789を順子で揃えると成立する役
 アガリ

成立する例

イッツウは門前でなくとも成立する役なので、チーをして揃えることでも成立しますし、イッツウ部分以外の面子を鳴くこともできます。

    アガリ

不成立となる例

イッツウで手を進めた結果、イッツウ部分が確定せずにリャンメン形でテンパイしてしまうと、片方の待ちでしかアガれない「片アガリ」になってしまうことがあります。他の役がある場合はイッツウが付かなくてもアガれますが、下の例のようなテンパイのときは注意しましょう。

  ツモ
待ちテンパイだが、でしかイッツウが付かず役がないのでアガれない

一気通貫(イッツウ)と相性の良い役

イッツウは、123と456と789という3つの順子を作る必要があるので、結果的に4面子1雀頭のうち3面子は順子になります。ですので、刻子系の役とはあまり相性が良くなく、代わりに順子系の役との相性が非常に良い役です。

一気通貫(イッツウ)+ 平和(ピンフ)

「すべて順子」「頭が役牌でない」「両面待ちでテンパイ」「門前」という条件で成立する平和(ピンフ)は、イッツウと最も相性の良い役のひとつです。門前でテンパイする必要がありますが、ピンフ+イッツウは打点も高く美しい形のひとつです。

 アガリ

平和(ピンフ)とは? 順子・役牌以外の雀頭・リャンメン待ちで作った門前役

一気通貫(イッツウ)+ 混一色(ホンイツ)

イッツウの条件である1~9の順子は1種類の数牌で揃える必要があるため、必然的に最低3面子は1種類の数牌で揃えることになる。残りの雀頭+1面子で条件を満たせば、手牌のすべてを1種類の数牌と字牌で揃えると成立する混一色(ホンイツ)と複合する。

   アガリ

混一色(ホンイツ)とは? 数牌のいずれか1種類と字牌だけで手牌を揃えると成立する役

一気通貫(イッツウ)+ 清一色(チンイツ)

難易度は非常に高いが、上記のホンイツと同様の理由で、1種類の数牌だけを使って揃えると成立する清一色(チンイツ)とも相性が良い。形によっては、一盃口イーペーコー)と複合したり、まれに役満である九蓮宝燈(チューレンポウトウ)に発展するケースもある。


待ち。だとイッツウ・イーペーコーと複合し、だと九蓮宝燈になる。

清一色(チンイツ)とは? 数牌のいずれか1種類だけで手牌を揃えると成立する役
九蓮宝燈(チューレンポウトウ)とは? 特定の形のチンイツを揃えると成立する役満

一気通貫(イッツウ)のまとめ

イッツウは、1~9まで1枚ずつ集めるという形の分かりやすさと、鳴いても成立することから初心者の方でも覚えやすい役です。

欠点は、断么九(タンヤオ)・三色同順(サンショク)などの重要な役のいくつかと複合しないことです。特にサンショクは、イッツウとサンショクどちらを選択するかという両天秤の状態になることもあり、順子手の双璧をなす役とも言えるかもしれません。

また、2翻役ではありますが、鳴くと1翻になってしまい打点が下がってしまうやすいので、鳴いて手を進める場合はよく考えてから判断しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする