国士無双(こくしむそう)とは? 13種の么九牌すべてを揃え、どれかを重ねて雀頭にすると成立する役満

麻雀役の説明 コクシムソウ




国士無双(こくしむそう)は、出現頻度が比較的高く、知名度も非常に高い役満です。七対子(チートイ)と同様、4面子1雀頭の基本形でなくともアガれる数少ない役のひとつです。

十三么九(シーサンヤオチュー)とも呼ばれますが、一般的には「コクシ」と略して呼ばれることが多いです。特殊な形なので、天和(テンホウ)などを除くと他の役満と複合することもありません。

国士無双(こくしむそう)が成立する条件

国士無双は、么九牌(ヤオチューハイ)と呼ばれる13種の牌、すなわち1と9の数牌と字牌をすべて揃え、そのうちのいずれかひとつを雀頭として対子にすると成立する役満です。特殊な形ゆえ鳴くことはできず、必ず門前になります。

をすべて揃える
・上記13種の牌のいずれかひとつを対子にする
・門前でのみ成立

国士無双=么九牌をすべて揃えて、いずれかひとつを対子にする
 アガリ

成立する例

国士無双は、上記の「么九牌13種1枚ずつ+どれかひとつをもう1枚」という形を揃えられさえすれば、テンパイ形は問われません。

ただし、すべての么九牌を1枚ずつ揃え、雀頭のないタンキ待ちの形になった場合待ち牌は13種となりますが、この形のときだけダブル役満となるルールも存在します。このようなテンパイを「国士無双十三面待ち」と呼ぶこともあります。


この形になった場合、手のなかのすべての牌が待ち牌となるタンキ待ちとして扱われる

国士無双(こくしむそう)と複合しうる役満

役満の複合が認められている場合、国士無双は以下の役満と複合することができます。

国士無双(こくしむそう)+ 天和(テンホウ)or 地和(チーホウ)

国士無双は4面子1雀頭の基本形とは異なる特殊な形でのアガリになりますので、「配牌時の第一ツモでのツモアガリ」というアガリ形ではない条件を持つ天和(テンホウ)と地和(チーホウ)とのみ複合します。

 配牌

天和(テンホウ)・地和(チーホウ)とは? 配牌第一ツモでアガると成立する役満

国士無双(こくしむそう)の注意点

暗槓の槍槓(チャンカン)

他家が加槓しようとした牌でアガると成立する槍槓(チャンカン)は、通常の場合加槓にのみ認めれているので、暗槓された牌でアガることはできません。

ですが、一部のルールでは国士無双テンパイのときに限り、暗槓された牌でのロンアガリを認めていることがあります。ただし、ルールによってはこれも他のテンパイ形同様認められない場合がありますので、事前に確認するようにしましょう。

フリテンの十三面待ち

一度アガリ形を完成させたあとに、対子となった牌を切ってフリテンのテンパイ形とすると十三面待ちとなります。国士無双十三面待ちがダブル役満として認められている場合、早い巡目にアガリ形を完成させられたら、敢えてアガらずにフリテンの十三面待ちに取るほうが得なこともあります。

ただし、フリテンの十三面待ちについては、「フリテンでない国士無双十三面待ちのみダブル役満とする」というルールの場合もあり、また、それ以前にどのような待ちであってもダブル役満としては扱わないルールもありますので、事前の確認を怠らないようにしましょう。

国士無双(こくしむそう)のまとめ

国士無双は、最も有名な役満のひとつです。また、出現頻度も高く、そもそも目にする機会の少ない役満のなかでは比較的よく見られるほうです。

ただし、特殊な形であるがために、国士無双に向けて手を進めてしまうと、他の役を並行して狙うということが非常に難しくなります。配牌で么九牌が多くあったとしても、国士無双を狙うかどうかは点数状況などを見て慎重に判断しましょう。