混一色(ホンイツ)とは? 数牌のいずれか1種類と字牌だけで手牌を揃えると成立する役

麻雀役の説明 ホンイツ

混一色(ホンイツ)は、出現頻度が比較的高く、3翻役のなかでは最も目にする機会の多い役です。条件は初心者の方でも覚えやすいので、ぜひ習得してみましょう。

正式には「混一色(ホンイーソー)」と読みますが、「ホンイツ」或いは「ホンイチ」などと略されることが多いです。門前で成立した場合は「メンホン」と呼ばれ、ホンイツのみでアガった場合は「バカホン」と呼ばれることもあります。

他の役とも複合しますし、門前でなくとも成立するので自由度が高い役ですが、鳴いて晒した牌や捨て牌などから他家に役を推測されやすい役でもあるので、注意が必要です。

混一色(ホンイツ)が成立する条件

ホンイツは、萬子、筒子、索子の3種類ある数牌のうち、いずれか1種類と字牌のみを使って手を揃えると成立する役です。門前でなくとも成立しますが、鳴いた場合は2翻となります。

・数牌のいずれか1種類と字牌のみを使う
・門前でなくてもOK(鳴くと2翻)

混一色=数牌のいずれか1種類と字牌のみで揃える
  アガリ

上位役:清一色(チンイツ)

清一色(チンイツ)は、数牌のいずれか1種類のみを使って手を揃えると成立する役です。ホンイツとの違いは、字牌を使っているかどうかです。数牌を1種類しか使わないホンイツとチンイツを合わせて「染め手」と呼びます。

 アガリ

清一色(チンイツ)とは? 数牌のいずれか1種類だけで手牌を揃えると成立する役

上位役:緑一色(リューイーソー)

緑一色(リューイーソー)は、形だけで見ればホンイツやチンイツと同じですが、の緑色だけが使われた6種類の牌のみで手を揃えた場合に成立する役満です。門前でなくとも成立します。

  アガリ

緑一色(リューイーソー)とは? 索子の23468と發のみを使って手を揃えると成立する役満

混一色(ホンイツ)と相性の良い役

ホンイツは、使える牌の種類が限られてはいるものの、形の制約はなく、門前でなくとも成立するので、他の役とも複合が可能です。

混一色(ホンイツ)+ 役牌(ヤクハイ)

ホンイツは字牌を雀頭か刻子で必ず使用するので、役牌と複合することが少なくありません。字牌7種のうち少なくとも4種は役牌となるので、面子として刻子で利用する場合、複合することのほうが多いくらいかもしれません。

    アガリ

役牌(ヤクハイ)とは? 特定の字牌を3枚以上揃えると成立する役

混一色(ホンイツ)+ 対々和(トイトイ)

上記の役牌と似た理由ですが、字牌を雀頭以外で使用するということは順子ではなく刻子となります。また、鳴いても成立する役なので、字牌に限らずポンで鳴いて手を進められれば、面子をすべて刻子で揃える対々和(トイトイ)と複合するのも難しくはないかもしれません。

   アガリ

対々和(トイトイ)とは? 面子を刻子のみで揃えると成立する役

混一色(ホンイツ)+ 一気通貫(イッツウ)

1種類の数牌を使って123、456、789の順子を作る一気通貫(イッツウ)は、4面子1雀頭のうち、3面子を1種類の数牌で占めることになるので、非常にホンイツと相性の良い役のひとつです。

  アガリ

一気通貫(イッツウ)とは? 1種類の数牌で1から9まで順子で揃えると成立する役

混一色(ホンイツ)の注意点

狙いがバレやすい

ホンイツやチンイツといった「染め手」は、手の中で使うため、捨て牌に1種類の数牌が極端に捨てられにくくなります。これは他の役を狙っている場合よりも分かりやすく河に表れるため、染め手を狙っていることを他家に悟られやすくなってしまいます。

さらに、鳴いて手を進めている場合はより顕著となり、どの種類の数牌で染めているかバレてしまうと、牌を絞られ鳴かせてもらえなかったり、アガリ牌を止められたりしやすくなってしまいますので、要注意です。

混一色(ホンイツ)のまとめ

ホンイツは、形が分かりやすく門前でなくとも成立し、門前3翻鳴いても2翻なので打点にもつながります。難易度が易しいわけではありませんが、初心者の方でも覚えておいて損はないでしょう。

ただし、ホンイツやチンイツなどの染め手と呼ばれる役は、捨て牌にその傾向が表れやすく、他家に狙いを推測されやすくなってしまいます。

また、ホンイツのみの手で鳴いて進めると、2翻のアガリとなってしまい打点にもつながりません。狙いがバレやすいというデメリットに見合った手かどうかは慎重に判断しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする