混全帯么九(チャンタ)とは? 手牌のすべてに数牌の1、9と字牌が含まれていると成立する役

麻雀役の説明 チャンタ




混全帯么九(チャンタ)は、断么九(タンヤオ)の対立役とも言える役なので、タンヤオを覚えれば簡単に覚えられる役です。出現頻度はあまり高くありませんが、初心者の方も是非覚えてみましょう。

正式には「混全帯么九(ホンチャンタイヤオチュウ)」という名前の役ですが、長いので「チャンタ」と略されることが多いです。

他の役とも複合が可能で、順子系の役と相性が良いです。なかでも三色同順(サンショク)とは複合しやすく、逆に複合しないと打点が安くなってしまいがちです。

混全帯么九(チャンタ)が成立する条件

チャンタは、数牌の1か9(「端牌」)と字牌をすべての面子と雀頭に使って手を揃えると成立する役です。2~8の数牌だけを使って手を揃えるタンヤオとは真逆の役と言えるでしょう。ただし、同様の条件で面子をすべて刻子で揃えると混老頭(ホンロウトウ)という別の役になるため、順子がひとつは必要です。

・数牌の1か9と字牌をすべての面子と雀頭に含める
・順子がひとつ以上ある
・門前でなくてもOK

混全帯么九=端牌と字牌をすべての面子と雀頭に含む
  アガリ

成立する例・不成立となる例

チャンタは、最終的に端牌と字牌を含む面子・雀頭のみで手を揃えれば成立します。途中までチャンタになるかどうか分からない形でも、最終的に条件を満たしていれば成立します。

例:     アガリ

上記の待ちの手牌ですと、の場合チャンタは付きませんが、でアガれば端牌と字牌を含む面子・雀頭のみとなりチャンタが成立します。
※この例のような、2種類以上の待ちがあるテンパイのときに、一方は役が付くがもう一方は役が付かずにアガれない形のことを「片アガリ」と呼びます。

上位役:純全帯么九(ジュンチャン)

純全帯么九(ジュンチャン)は、チャンタの上位役です。字牌を含まずに、数牌の1と9を含む面子と雀頭だけで手牌を揃えるとジュンチャンになります。

純全帯么九=字牌のないチャンタ
  アガリ

純全帯么九(ジュンチャン)とは? 手牌のすべてに数牌の1、9が含まれていると成立する役

混全帯么九(チャンタ)と相性の良い役

チャンタは、手牌のすべてが必ずしも順子というわけではありませんが、混老頭との兼ね合いの関係上、順子がひとつは含まれることになるので、順子系の役と相性が良いです。

混全帯么九(チャンタ)+ 役牌(ヤクハイ)

チャンタの条件に含まれている「字牌」は、役牌であってもそうでなくても問題ありません。可能ならば、役牌の刻子も手のなかに入れられれば打点向上につながります。

  アガリ

役牌(ヤクハイ)とは? 特定の字牌を3枚以上揃えると成立する役

混全帯么九(チャンタ)+ 三色同順(サンショク)

同じ数字の順子を3種類の数牌で揃える三色同順(サンショク)は、チャンタと非常に相性の良い役です。順子を中心にチャンタを目指す場合、使える数字は123か789の2種類しかありませんので、どちらかの数字で3種類揃えれば、サンショクとの複合が可能です。

      アガリ

三色同順(サンショク)とは? 同じ数字の順子を3種類の数牌で作ると成立する役

混全帯么九(チャンタ)+混一色(ホンイツ)

字牌+1種類の数牌で成立する混一色(ホンイツ)も、同じく字牌を使うチャンタと相性が悪くないです。ただし、使える数牌の種類がかなり限られてしまうので、字牌を多く持っていないと難易度は高いです。

   アガリ

混一色(ホンイツ)とは? 数牌のいずれか1種類と字牌だけで手牌を揃えると成立する役

混全帯么九(チャンタ)の注意点

待ちが悪くなりがち

チャンタは、字牌や端牌を必要とする役なので、シャンポン形や12や89のペンチャン形などの愚形が残りやすい役です。手を進めていくうえでも難易度が高いですし、最終的にはチャンタ確定の愚形か片アガリのリャンメン形になってしまいます。

待ちが悪いということは、結果的に速度が遅くなってしまったり、他家との競り合いに負けてしまったりする可能性が高くなりますので、チャンタを狙う際はその点に留意しましょう。

赤牌を使えない

チャンタは456などの中張牌を使うことができない役なので、赤ありルールの場合でもドラの赤5牌を手のなかで使用できません。

チャンタ自体の打点もそれほど高いわけではないので、配牌や序盤のツモで赤5を引いたときは、無理にチャンタを狙わず他の役を視野に入れて進めることをお勧めします。

混全帯么九(チャンタ)のまとめ

チャンタは、タンヤオの正反対ともいえる役であり、初心者の方でもタンヤオさえ覚えてしまえば習得するのは難しくありません。

ですが、端の数牌や字牌を使う関係で愚形の形になりやすく、手を進めるのもアガるのも簡単ではありません。

配牌や序盤の時点では無理に狙わず、ホンイツやサンショクなど他の役を狙って手を進めていくなかで、無理なく狙えそうな場面があったら意識してみる、というのが良いかもしれません。