後付け(あとづけ)とは – 後から役が確定する鳴き方

後付けとは

後付けとは、麻雀の鳴きの方法のひとつ。「バック」とも言う。

最初に他家からチーやポンをしたメンツが役に関係なく、2つめ以降のチー・ポンかアガったときにはじめて役ができるような鳴き方。

後から役を付ける」が名前の由来。多くの場合認められているが、これを認めていない「完全先付け」というルールもあるので要確認。

後付けの例

〇後付けの鳴きの例
 ポン チー ロン

をチーした時点ではが刻子になっていないので、役はない。そのをポンしたときに役がいた。

〇片アガリとなる例
 チー ロン

この場合、でアガるまで役は確定していない(片アガリの形)ので、後付けの鳴きと言える。

上記の2つの例のように、役牌の後付けで役を付ける仕掛けを特に「バック」や「役牌バック」と言うことがある。

ダブルバック

上の例で片アガリの形になる役牌バックを取り上げたが、役牌2種類のシャンポンのような形になりどちらでアガっても役が付くような手をダブルバックと言うことがある。

〇ダブルバックの例
 チー ロン

この場合、どちらでアガっても役がつくのは確定しているが、のチーは役と関係のない鳴きなのでこれも後付けと言える。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!