間四軒(あいだよんけん)とは – 放銃となる可能性が高い裏スジが2つ重なった状態

麻雀用語・間四軒

間四軒とは

間四軒とは、捨て牌読みテクニックの一つ。放銃となる可能性が高い裏スジが2つ重なった状態。

間四軒は同色での危険牌読みに使う。捨て牌のうち、間が4つ空く数牌(数が5の差を持つ数牌)の組み合わせがみられたら間四軒と考える。

たとえば、捨て牌に2と7がある場合、手牌に4・5を持っている可能性があるため、3・6のスジが危ないと推察できる。例の2と7のように、四牌分の間があることから、間四軒と名付けられた。

間四軒の例

捨て牌(2-7のように間が4つ空く数牌がある)

手牌の可能性

危険牌(間四軒)

4種類の間四軒

数牌の間四軒は4種類ある。萬子を例に4種類を紹介(筒子・索子も同様)

 

捨て牌 間四軒

麻雀用語一覧

2019.10.01

【麻雀役一覧】役の成立条件・成立例・鳴きOK/鳴き不可がひと目でわかる!1飜役・2飜役・3飜役・6飜役・役満

2020.06.05

【麻雀点数表 / 早見表】子 / 親のアガリ点、ピンフ / 七対子の点数計算

2020.10.01
  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • 麻雀店検索サイト