倍満(バイマン)とは − 翻数で8翻から10翻のアガリ、11翻を超えると三倍満

倍満(バイマン)とは − 翻数で8翻から10翻のアガリ、11翻を超えると三倍満

倍満(バイマン)とは、麻雀における打点を表す言葉。文字通り満貫の2倍となっており、子で16000(4000-8000)、親で24000(8000オール)。倍満が出ることで、ゲーム展開がガラリと変わることも多い。

なお、倍満になるのは翻数で8翻から10翻のアガリとなり、11翻を超えると三倍満となる。

満貫跳満については別記事で解説

満貫(マンガン)とは - 子の8,000点、親の12,000点のアガリ

2022.01.25
続きを読む

跳満(ハネマン)とは - 子の12,000点、親の18,000点のアガリ

2022.01.28
続きを読む
  • 倍満(バイマン)とは − 翻数で8翻から10翻のアガリ、11翻を超えると三倍満

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/