跳満(ハネマン)とは – 子の12,000点、親の18,000点のアガリ

跳満(ハネマン)とは - 子の12,000点、親の18,000点のアガリ

跳満とは和了(アガリ)の際に獲得できる点数のこと。子の場合は12,000点親の場合は18,000点。6翻、7翻のアガリ点のことを言う

跳満の点数

子の場合

  • ロン:12,000点
  • ツモ:親6,000点、子3,000点

親の場合

  • ロン:18,000点
  • ツモ:子6,000点オール

その点数の高さから、特に親の跳満のことを「オヤッパネ」と略して呼ぶこともある。

跳満になる翻数

現代の一般的な麻雀のルールでは、5翻以上の点数は符計算の必要がなくなる。この5翻の点数を満貫と呼ぶ。その上の6翻、7翻の点数を跳満と呼ぶ。

例(6翻:ホンイツトイトイ+役+役)

【北】【北】【1ピン】【1ピン】【1ピン】【8ピン】【8ピン】 【發 横向き】【發】【發】 【白】【白 横向き】【白】 アガリ【8ピン】

例(7翻:平和+ジュンチャン+三色+ツモ)

【7マン】【8マン】【9マン】 ツモ

さらにその上の点数としては倍満、三倍満、役満などがある。

満貫(マンガン)の点数は以下の記事で解説。

満貫(マンガン)とは – 子の8,000点、親の12,000点のアガリ

点数計算の詳細は、以下の記事を参考に
麻雀点数表 ・点数計算早見表 | 子・親のアガリ点、ピンフ・七対子の点数計算一覧

符計算については以下の記事を参考に
麻雀の符計算・早見表 | 符計算の仕方を解説(メンツの符、アタマの符、待ちの形)

(番外)用語の使い方

勝負を決定づけるような大きなアガリのため出現頻度はそこまで高くないが、アガれた時の喜びはひとしお。獲得する得点の目標になることも多く、麻雀番組の実況などでも耳にすることがある。

満貫同様に、麻雀好きの中には「価値の高いものについて麻雀の得点に例えて表す」ことがある。

「おーっと佐々木、ここでリーチ!裏乗ったら跳満!裏乗ったら跳満!」
「ここの新作のプリン、まじで打てるよ。跳満クラスある」

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • 跳満(ハネマン)とは - 子の12,000点、親の18,000点のアガリ

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!