TEAM雷電と本田朋広に待ち受ける茨の道 その1000点を、希望の種火とするために【Mリーグ2021観戦記1/27】担当記者:東川亮

TEAM雷電本田朋広
待ち受ける茨の道
その1000点を、
希望の種火とするために

文・東川亮【月曜・木曜担当ライター】2022年1月27日

かつてない混戦となっている、大和証券Mリーグ2021。1試合が終わる度に各チームの順位がめまぐるしく動く日々が続くなか、TEAM雷電だけは大きく出遅れ、そこに加われずにいる。

1月25日にはおよそ1ヵ月ぶりとなるデイリートップを獲得したが、それでもマイナスは800台、そして1月27日の第1試合では瀬戸熊直樹が4着に沈み、負債はさらに増えた。

2試合目に登場したのは、今期新加入の本田朋広。火曜日には久しぶりのトップを獲得し、連勝ともなればチームを上昇させる起爆剤となるかもしれない。しかし彼の前に、強力なライバルたちが立ちはだかり続けた。

第2回戦
東家:本田朋広(TEAM雷電)
南家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ
西家:小林剛U-NEXT Pirates
北家:沢崎誠(KADOKAWAサクラナイツ)

鈴木たろう:ドラに愛され、ドラを生かし切ったゼウス

東1局、たろうが3巡目にドラ【8ソウ】を暗刻にした。役牌【中】がトイツで入っており、これさえ鳴ければ満貫がハッキリと見える。

【中】を切ったのは親番の本田。そこそこまとまった手で、ドラと赤があって打点も見込めそうではある。

【中】を仕掛けたたろうは、マンズ【5マン】【7マン】【9マン】から【5マン】を切った。【5ソウ】を切ればリャンカンリャンメンの1シャンテンだが、【4ピン】【5ソウ】をポンしてのテンパイも逃したくない、ということか。下家の小林が2巡目3巡目に【9マン】をツモ切り、対面の沢崎も既に【6マン】【7マン】と切っていて、【8マン】もかなり山に残っていそうだ。

だが、外した受けの【6マン】を2度にわたって引いてくるなど、少々いやな展開に。

局が動いたのは終盤、本田が先制リーチにこぎ着ける。待ちは【7ピン】が山に残り3枚。

宣言牌【5ソウ】をたろうがポンしてテンパイ。狙いのカン【8マン】待ちで、こちらもまだ山に3枚残っていた。

勝ったのはたろう、【8マン】をツモって2000-4000。まずは試合をリードする。

東3局1本場では、たろうに配牌でドラ【7ピン】の暗刻が入った。その他の形も、1メンツにリャンメンもあって、非常にいい。

7巡目の【7マン】ポンでテンパイし、

小林から出アガリして8000は8300のアガリ。たろうは序盤のリードを生かしきり、トップでこの試合を終えた。

たろうは1月の5戦で4トップの大活躍。セミファイナル進出圏内の6位に浮上したドリブンズを、ゼウスは力強く牽引している。

小林剛:エラーは未遂、冷静に反撃の芽を摘むマシーン

東4局1本場、小林が絶好のペン【7ソウ】を引き入れ、リャンペーコーのテンパイとなった。安目のピンフイーペーコーでは出アガリ2000、ここはもちろん

「リーチ」

・・・

・・・・・・あれっ、雀頭がない!?

大丈夫、小林は打牌直前に気付き、打牌を【5マン】に持ち替えてリーチをかけている。麻雀のルールでは、打牌は河についた瞬間に完了と扱われるので、空中で牌を戻すのは特に問題はないのだ。

危うくノーテンリーチを打ちかけた小林。どことなくホッとした表情に見える。

そこへ本田が追い付く。ドラドラ赤赤の超チャンス手、待ちは小林と同じ【3ピン】【6ピン】。このテンパイは、本田の序盤の選択が呼び込んだものだった。

本田はこの局、赤が3枚入った素晴らしい配牌をもらっていた。1枚浮いているドラの【東】はどこかで出ていきそうだし、他家に重ねられる前にといっそ1打目に切る選択もあったかもしれない。

しかし本田はこの【東】を引っ張り、重ねている。

【東】は、配牌の時点で親の沢崎にトイツだった。早々と切っていたら、この局は全く違う展開になっていた。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊