舞姫はほくそ笑む…卓上に仕組んだ恐るべき「二階堂亜樹ブランド」【熱論!Mリーグ/FS第4節】

熱論!Mリーグ【FS第4節】

舞姫はほくそ笑む…

卓上に仕組んだ恐るべき

「二階堂亜樹ブランド」

文・ZERO【FS第4節担当ライター】2019年3月3日

 

最近、私はポーカーにハマっている。

ポーカーにも配牌があり、読みがあり、押し引きがある。

ポーカーの持つ不完全情報ゲームな部分が、非常に麻雀に似ているのだ。

ポーカーに「ハンドレンジ」という言葉がある。

「レンジ」とは「範囲」という意味。

この打ち手がBETしてきたからには最低限これくらいの手札を持っていると推測できる…というような「範囲」のことを示す。

ハンドレンジは、広ければよい、悪い、というものではなく、相手のハンドレンジに対応してこちらのアクションを調整することが大事なのだ。

そういう意味では…

1回戦に登場した二階堂亜樹は、非常にハンドレンジの狭い選手だ。

亜樹のリーチはほとんど好形だし、ひとたび鳴けば打点か速度が必ず伴っている。

なんとこの日、その亜樹が、明らかにハンドレンジを変えてきた。

東1局

ドラは

この手牌を見て解説の魚谷が発した言葉に私は大きく頷いた。

「亜樹さんの手牌、ならリーチすると思うのですが、ペン残りでリーチをするイメージはありませんね。ペンになってしまったら一旦ヤミテンのタンキに受けて好形を目指すと思います。」

実況の松嶋が

「たしかに亜樹選手はこういう手はリーチにいきま…」

と言った瞬間だった。

待望のをツモってくる(笑)

「待望の」…というのは、Mリーグを見ていて「この打ち手はこの牌を持ってきたらこれを切るだろう」といった予想をしたときや「この打ち手はこの牌を持ってきたらどうするのだろう?」といった疑問を持ったときに、実際その牌を持ってきたら嬉しくならないだろうか?

オリ手順を学びたいときは「手詰まって~!」と祈ることすらある。

戦っている選手からすると甚だ迷惑な話かもしれないが(笑)

これまで、そういった予想に対し、亜樹は一度も裏切ってこなかったように思う。

これも我慢するの!?と逆方向に驚かされたことはあったが。

今回も当然を静かに縦に置くものと思われた。

誰もがそう思った瞬間…

 

舞姫は少し笑ったような気がした。

「リーチ」

解説・実況・視聴者…見ている人の全てを覆す、ハンドレンジの変化。

レンジのギャップが大きければ大きいほど、効果は高くなる。

もしかしたらファイナルでの戦いに備え、レギュラーシーズンでは亜樹ブランドの構築のために我慢を重ねていたのかもしれない。

そう、私の記憶では美少女雀士としてデビューしたころの亜樹は攻撃型だった。

なんで美少女は美少女のままで、俺だけおっさんになるんだ?

…という突然フツフツとわいてきた疑問はさておき

亜樹の決断は吉と出る。

追っかけてきた松本から8000のアガリ。

(亜樹さんそれリーチするんだ)

放銃した松本も少し驚いた表情。

東2局

ハンドレンジが狭いと言えばこの男もそうかもしれない。

村上淳

昨日の対局で

5巡目

 

 

この手牌からを切り

 

6巡目

 

 

このカンのテンパイを取らずを切り(!!)

 

8巡目

 

 

当然このテンパイも拒否してツモ切り

 

10巡目

 

 

 

そしてこのマンガン確定テンパイを悠然とリーチする。

この意志のこもった力強い手順に、私は少なからず驚いた。

やや深い巡目でリーチは打ちづらいし、そもそも私はカンの時点で裏目が怖くてテンパイに取ってしまいそう。

「リーチ超人」「ハネ満おじさん」の名に恥じない、素晴らしい1局だったと思う。

5巡目、その村上の手がハタと止まった。

ドラが3枚あるチャンス手で、役牌が重なった場面。

村上は少考の後、を切った。

場を見るとペンは悪くないように見える。

村上の思考を推測する。

この手牌、メンゼンでのテンパイは苦しく、発ポンはもちろんのこと、が出てもトイトイを保険にバックでポンしていくことになりそうだ。

となると、ほとんどのケースで次にが出ていくことになる。

それならば攻守に活きる中を温存して、先にを払っていこうじゃないか。

こういう感じだと思う。

とても繊細で丁寧な選択だ。

続いて

をツモ。

ここで村上は2枚見えたばかりのをリリースする。

を残しているあたり、村上はチートイツを強く意識しつつ、の横伸びを期待した選択を取ったのだろう。

ただ、私はツモ切りが良いと思う。

チートイツに関してはほとんど速度差が無いし、横伸びに関してもすでにポンしやすいトイツが揃っているので価値は薄いと言える。安全なを持つことで押し返しやすくなり、ひいてはアガリ率がアップすると考える。

ただ赤受けもあるので難しい。みなさんはいかがお考えだろうか。

こうして終盤に

テンパイを果たす。

(おおーすげー)

と人並みの感想を抱いていた私の耳に、幻聴が聞こえたのかもしれない。

「リッチ!」

む、村上さん…!ダマで、ロン8000ツモ12000~16000の手ですよ?

あと3回しかツモありませんよ!

いや、あらためて待ちを見てみると、はドラでありも残りの1枚は赤だ。

この終盤においそれと出る牌ではない。

それならば牽制しつつ、アガったときにトップ率上昇に大きく貢献する「決定打」になるよう、最大限打点を高めておきたい…というのが村上の発想だろう。

結果は流局に終わってしまったが、あの早めにペンチャンを払う繊細さと、勝負手を躊躇なく曲げる大胆さと…村上の真骨頂を見た1局だった。

次局も村上の技が光った。

ドラはで、村上はここからを切った。

カンはロスになるが、ドラそばのを残すことができる。

このように村上は、ロスを最小限に抑えつつ、一気に打点上昇する牌を残すことによってトップ率を高める選択が得意なんだな…と感じた。

この手、めちゃくちゃうまくいけば345や123の三色も見える。

そういう意味でもを残す価値はのロスに足る…という判断だろう。

次に

をツモり、アンコになった。

さすがの村上もここはを切るか…と思っていたら、なんとここでも村上はを切ったのだ!

「ZERO君、私はさほどリーチドラ1に興味ないんですよ」

という村上の声が聞こえてくる。

待望のツモ!

村上は123の三色は見切って切る。

テンパイだ。

通常なら迷わない手牌だが、実は直前に親の松本がドラをポンしており、ナーバスな局面になっている。

このテンパイは見合っているのか。

松本に止めるべき牌はあるのか。

待ち取りはでいいのか。

ウンウンと頷いた後、この局も彼のコールが対局場にこだました。

リッチ!

亜樹のように我慢を重ねるのも勇気が必要だが、想像力を持って手牌を構築し、その手牌に運命を委ねてリーチ棒を投げるのも、やはり勇気が必要だろう。

テンパイを崩せない松本から8000のアガリ。

(LIVEの文字で見えないが裏が乗った)

「ジャパンのムラカミがレイズ(リーチ)してきたらフォールド(オリる)しろ…!」

「やつのハンドレンジは狭く、必ずハイハンド(高打点)が入っている…!」

ポーカーっぽく表現するとこんな感じか。

東3局

この局が決まり手となった。

プレミアハンドを手にしたのは亜樹だった。

まずは4巡目。

ドラがをツモってきた場面。

チートイツのイーシャンテンだったが亜樹はここで

柔らかくを切る。

リャンシャンテンになってはしまうが、こちらの方が受け入れ、テンパイ確率、最終的な待ち…全部強い。いわゆるタンヤオスキーのお手本のような打牌だ。

続いて、本人も予想してなかったであろう牌をツモってくる。

4枚目のドラだ。

ここでさらに予想外だったのは、亜樹が

アンカンしたことだ!

をツモってきても使えるし、アンカンの選択は普通の人からしてもワンテンポ、亜樹からしたらツーテンポ早い。

やはりハンドレンジを意図的に広げにいっているように感じる。

周りからしたらたまったものではない。

ただでさえ顔面蒼白になるドラのアンカンなのに、そのアンカンの主が亜樹となると、最低でも整ったイーシャンテン、もしかしたらテンパイが入っているかもしれない。と考える。

ポーカーだったら即フォールド、という場面だ。

まさかリャンシャンテンからカンをしているとは誰も思わないだろう。

ここでも亜樹ブランドが活きた。

直後の前原の手牌。

実は、上家の亜樹の捨て牌にあるをポンしてのシャンポンテンパイにとることができた。しかし、いつリーチがかかるともわからない亜樹の唯一の現物であるを消費するポンはできなかった。

こうして周りが手をこまねいている間に、亜樹は

テンパイを入れる。

待ちでリーチ。

前原、村上がフォールドしていく中で

松本にテンパイが入る。

悲痛な表情を浮かべながら追っかけリーチを決断。

結果は…

 

 

リーチツモドラ7。

亜樹の倍満ツモでこの半荘は事実上終戦となった。

南場は周りが打ちあったり、軽く捌くことができたり、亜樹の都合のよいように進行していったのだ。こうして

1回戦は亜樹の勝利で終わる。

ポイントは上下に2チームずつ分かれた。

昨日3連勝したドリブンズと今の亜樹のトップで復権した風林火山の2強。

ここに王者多井率いるABEMASと、徹底攻撃の格闘倶楽部がいかに巻き返していくか…に注目が集まる。2回戦以降も他記者が観戦記をアップしているので是非ご覧ください。

ハンドレンジを意図的に広げ、すぐに結果につながった亜樹は、相手からしたら非常にやりにくいだろう。

卓上から離れた舞姫は、ハンドレンジの云々に関わらず。

反則的にかわいかった。

亜樹ちゃんの笑顔にオールイン!

 

ZERO(ゼロ)

麻雀ブロガー。フリー雀荘メンバー、麻雀プロを経て、ネット麻雀天鳳の人気プレーヤーに。著書に「ゼロ秒思考の麻雀」。現在「近代麻雀」で『傀に学ぶ!麻雀強者の0秒思考』を連載中。

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

大好評発売中!!!!

 

(C)AbemaTV