地を這っていた不死鳥を天高く羽ばたかせる2連勝!魚谷からバトンを貰った東城りおの痛烈な和了 【Mリーグ2021観戦記 12/20】担当記者:危険な鬼太郎

地を這っていた

不死鳥を天高く

羽ばたかせる2連勝!

魚谷からバトンを貰った

東城りおの痛烈な和了

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2021年12月20日

つい先日、魚谷は数日の内に2つもタイトルを獲得してその試合を解説していた佐々木寿人から「二代目充実期」の称号を(勝手に)与えられた。これは寿人の麻雀が充実期? の時にタイトルを取りまくっていたので自分で勝手に名乗っていた称号だ。

寿人に通り名を与えられたプロは魚谷だけにとどまらず、内川幸太郎が十段位のタイトルを獲得した時にも寿人は自身が自称していた「歩くトーナメント」という二つ名を内川に名乗る許可を与えた。

なまじ寿人は「麻雀攻めダルマ」だの「ホンイツコンサルタント」だの通り名が多すぎる為、こうやって他人に称号を譲渡していっても困らないのかもしれない。

【2回戦】

東1局 親・村上 ドラ【南】

今期不調が目立つ村上が内川の先制リーチに対しておっかけリーチを打ち、

内川から【6ピン】を捉えてリーチタンヤオピンフ一盃口の12000をアガル。久々に村上のMリーガーで1番大きな声の12000の点数申告を聞いた気がする。

東1局1本場 親・村上 ドラ【2ピン】

村上が東1局の勢いそのままに最初に聴牌を入れて長考。

【2ソウ】【5ソウ】を切ればカン【4マン】のドラ1リーチなので、村上ならばこれは秒で即リーチを打つかと思いきや考える。

ここでカン【4マン】リーチを打たないとすれば打つ打牌の候補は何か…?

【5マン】としてマンズの下とソウズの四連係を活かしてのピンフを目指す。もし【赤5マン】を引いてくればそれはそれでカン【4マン】で妥協リーチを打つつもりか。

東1局のリードを伸ばす為に足止めリーチではなく、アガリが見込める手を作ってトップを目指しに行く。

そして東城から先制リーチがかかる。

打点はリーチのみではあるものの、待ちの【1マン】【4マン】はさほど悪い待ちには見えない。

しかしここで待ったを掛けたのは内川。朝倉が東城の現物である【6マン】を切ると内川はこれを【赤5マン】含みでカンチャンチーして、

【發】赤赤ドラの【3ソウ】【6ソウ】のマンガン聴牌で【7マン】を強打。そして聴牌を外した村上も不満のある聴牌でこれに追いつく。

なんと不満があるカン【2マン】聴牌。自分の河に捨ててある筋になる【5マン】も東城からのリーチが掛かった今じゃ無意味な物へとなっている。

【1マン】が自分の目から3枚見えていて、カン【2マン】もそんなに悪い待ちには見えない物のリーチと戦うには微妙すぎる待ちか。

メンゼン守備型の村上ならば【西】の対子落としをしながら回るのかな? と思いきや、

「リッチ!」

村上は追っかけリーチを選択。カン【2マン】が悪い待ちではない以上、点棒を積み重ねに行く。

この局は、

東城が【6ソウ】を掴んで内川に【發】ドラ3の8000点を放銃。東1局で背負ったビハインドを取り返した。

東2局 親・朝倉 ドラ【1ソウ】

東城が先制リーチ宣言!

リーチタンヤオピンフ赤の【2マン】【5マン】待ちの大勝負手だ。

このリーチを受けて一発目に村上が長考。

チャンタがくっきり見えていて、自身が【8ピン】を切っている事を踏まえれば【9ピン】を切りたい所ではあるものの、トップ目から聴牌していない状況でリーチの一発目に切るほどの牌ではない。

ここは東城の河に【8マン】が早く、場に【8マン】が2枚切れなので、

ここは打【9マン】を選択。東城のリーチの一発目で無ければ村上は秒で【9マン】を選択したと思う。麻雀は1翻付くだけで大体点数が倍になる。つまる所リーチの一発目に放銃する事は罪なので、村上も東城に通りそうな【9マン】とは言え、物凄く慎重に打たざるを得ない。

次巡、村上は聴牌を入れて、

【6ピン】【9ピン】【南】でドラを切ってのリーチ宣言! 高めだとチャンタも付く大勝負手だ。

この村上の待ち牌は五枚もいたものの、

ここは東城が【5マン】をツモってさらに裏も乗せ、リーチツモタンヤオピンフドラ裏の跳満! 3000-6000のツモアガリ。ラス目から一気にトップが見える2着目にまで浮上する。

ここから東城は親で高打点のアガリを連発して、東4局の親番では

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!