近藤誠一、混戦を制す! 四暗刻を見切った親リーチで、チームの望みをつなぐ1勝!!

近藤誠一、混戦を制す!
四暗刻を見切った親リーチで、
チームの望みをつなぐ1勝!!

12月4日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。セガサミーフェニックスは11勝目。

対局者は、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)、EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)そして近藤。

並びは、白鳥・瀬戸熊・近藤・勝又。

東2局1本場、終盤で勝又が待ちでリーチ。これにテンパイ料を取りに行った白鳥が放銃。リーチ・ドラ1・赤1・ウラ1の8000点で勝又が先行する。

東4局1本場、3着に甘んじていた近藤が、チートイツ・ドラ2のヤミテンを勝又から直撃し、一気に差を詰める。

南3局、4巡目に近藤がタンヤオ・高目イーペーコー、一手変りツモリ四暗刻の手をテンパイし、1巡ヤミテンにした後にツモ切りリーチ。

8巡目に勝又がのシャンポン待ちで追いかける。さらに白鳥が仕掛けて、これも待ちでテンパイ。

結果は近藤が高目イーペーコーとなるをツモり、4000オールでトップに立ち、追撃をかわして逃げ切った。

近藤は勝利者インタビューで「どこまで連荘されるのかと、ドキドキしましたよ。(チームについて)茅森の試合数が多くなって、けっこうトップを取って頑張ってましたね。魚谷には軽く声かけますけど、茅森はほっといたほうがいいだろうと声をかけずにいました。」と語った。

【Result】
1着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会)3万7400点/+57.4
2着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)3万1500点/+11.5
3着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)2万6000点/▲14.0
4着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)5100点/▲54.9

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +248.8(44/80)
2位 EX風林火山 +162.0(43/80)
3位 渋谷ABEMAS +60.5(41/80)
4位 U-NEXT Pirates ▲17.4(44/80)
5位 TEAM雷電 ▲48.4(43/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲67.1(41/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲338.4(44/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ 風林火山vsABEMASvsフェニックスvs雷電

ウィクトーリアの守護神・朝日奈藍 【近代麻雀グラビアコレクション】