勝又健志、ドリブンズに肉薄!! 価値ある1勝で頂点を狙う!!

勝又健志、
ドリブンズに肉薄!!
価値ある1勝で頂点を狙う!!

12月4日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。

対局者は、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、そして勝又。

並びは、近藤・瀬戸熊・松本・勝又。

東1局1本場、松本の先制リーチに対して瀬戸熊が終盤で追いかけて、ツモ。タンヤオ・ウラ1のマンガンで先行する。

東4局14巡目、勝又がピンフ・赤1の待ちの手でリーチ。ツモってウラドラを1枚乗せて4000オール。

南1局、引き続き勝又が待ち、高目イーペーコーの手でリーチ。首尾よく高目をツモり、リーチ・ツモ・・イーペーコーでマンガンを上乗せし、勝又のトップとなった。

勝又は勝利者インタビューで「(1回戦目について)トップ取れそうな半荘だったんですけど、相当悔しかったです。(チームメイトの)亜樹さんも滝沢さんも1戦目の内容は良かったといってくれたので、自身を持って自分らしい麻雀を打てました。今後も、風林火山らしい麻雀でポイントを上乗せしていきたいと思います。」と語った。

【Result】
1着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)3万6800点/+56.8
2着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会)2万9900点/+9.9
3着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)2万4900点/▲15.1
4着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀連盟)8400点/▲51.6

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +248.8(44/80)
2位 EX風林火山 +218.8(44/80)
3位 渋谷ABEMAS +8.9(42/80)
4位 U-NEXT Pirates ▲17.4(44/80)
5位 セガサミーフェニックス ▲57.2(42/80)
6位 TEAM雷電 ▲63.5(44/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲338.4(44/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ 風林火山vsABEMASvsフェニックスvs雷電

すんドめヒロイン・小田島渚 【近代麻雀グラビアコレクション】