麻雀サイボーグ小林剛は今夜役満の夢を見るのか?【Mリーグ2021-22観戦記4/1】担当記者:渡邉浩史郎

麻雀サイボーグ小林剛は

今夜役満の夢を見るのか?

文・渡邉浩史郎【金曜担当ライター】2022年4月1日

【第2試合】

東家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部
南家:小林剛U-NEXT Pirates
西家:二階堂亜樹EX風林火山
北家:近藤誠一セガサミーフェニックス

4月1日金曜日。この日二戦目に登板した小林は、

【東1局】、親の佐々木からリーチ・一発・ピンフの3900をアガったのを皮切りに

続く【東2局】自身の親番で捲り合いに勝つ6000オールツモ。

跳満親被りで親を落とした【東3局】には仕掛けてそつなく3900のアガリ。

順調に点棒を積み重ねていき、南入時点で大きなリードを得ていた。

【南1局】

親の寿人から2巡目リーチが入る。

小林の手牌は形的にも点数状況的にも到底戦える物ではない。現物【8ソウ】を即座に抜いた。

しかし筋・現物を切っているうちに、にわかに手が色めきだす。

11種11牌。被りなしの、実質イーシャンテンといっていい国士無双だ。

次巡持ってきたのは【2ソウ】。筋ではあるが、通っていない牌だ。

これを小林は押した!現物なら【南】【西】があるが、ここはなんとあの麻雀サイボーグ小林が役満の夢を追った!

次巡持ってきたのは【7マン】。これは【5マン】のワンチャンスだが……

ここで小林は降りを選択。単純にあまり情報がない無筋三枚をリャンシャンテンから打てないというのもあるが、もう一つの要因は下家のラス目:亜樹が前巡に【6ソウ】を押していることだろう。亜樹がこの親にぶつけようと前に出ているなら、小林がリスクを負って前に出る必要はないからだ。

しかし一巡の迷いでも、小林があの形から【2ソウ】を押す選択をしたこと。解説・実況の渋桃コンビも視聴者も驚かされる一面が見えたといえよう。

この局は寿人の一人聴牌で流局。

【南2局】

亜樹のアガリで局は流れて、迎えた小林の親番。

小林の配牌がいい。二役あるのでマンズのホンイツに向かいつつ、自然に小三元大三元のある手牌だ。

食伸ばしのカン【2マン】から発進。役牌を片方しか鳴けなくても、一気通貫でのマンガンルートが見えてきた。打【7ピン】

【中】をポンできて、これは小林なら当然の打【發】で役役ホンイツと役役一気通貫の両天秤……

!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?

あの小林が!! ペン【7マン】受けを消して!! 【發】を残した!!!!!!!!

やはり今日の小林は役満の夢を見るのか……?

そして数巡後……

【發】を重ねた!!!!!!!

サポーター全員の脳裏に恐らく思い浮かんだのは優勝を決めたMリーグ2019。ファイナルの舞台で同じく大三元、16000オールをアガった朝倉の姿。

サポーター「船長… やるんだな!? 今…! ここで!」

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!