小林剛、東場の大リードを守り切り辛くも逃げ切りトップ!! パイレーツは3位に浮上!!

小林剛、

東場の大リードを守り切り

辛くも逃げ切りトップ!!

パイレーツは3位に浮上!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021セミファイナルシリーズ」の8日目、第2戦は小林剛U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。東2局の親番でハネマンツモを決めた小林が、リードを生かして逃げ切って薄氷の勝利を掴む。パイレーツは6戦を残して3位にまで順位をのばした。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人セガサミーフェニックス近藤誠一、そして小林の4名。

東1局、リーチ・一発・ピンフの3900点を親の佐々木から討ち取った小林が、親番の東2局1本場で大物手を決める。ピンフタンヤオ・ドラ2・赤1を佐々木とのリーチ合戦にツモり勝ち、6000オールをゲット。小林の点棒が、早々に5万点を超える。

同2本場は、佐々木がタンヤオ・ドラ1・赤1をリーチ・ツモ・ウラ1の3000・6000に仕上げる。

南2局、小林は【中】を鳴いてホンイツ小三元狙い。リーチの近藤が【發】を切って、これもポン。小林は【白】が雀頭の【3マン】【6マン】待ちテンパイ。リーチの近藤が【白】を切るが、小林はこれをスルー。結果は流局となった。

南3局2本場、ラス目の二階堂がチートイツ・赤1の【6マン】単騎待ちをリーチ・ツモ。ウラ2の6000オールに仕上げて一気に復活。

オーラス、二階堂はハネマンツモで小林を逆転できる位置につけるが、タンヤオイーペーコー・ドラ1・赤1のカン【3ソウ】待ちを、ヤミテンに構えていたところに【3ソウ】ツモ。2000・4000のアガリで2着をキープ。小林の逃げ切りトップとなった。

小林はインタビューで、

「途中まで楽勝だと思ってたら3万点ちょっとのトップになってびっくりしましたね(笑)。(南2局の大三元チャンスについては)小三元チャンスでしたね(笑)。18000点をアガればほぼトップが決まるので、打点重視にはできないですね。(チーム3位について)まだ6戦あって50負けたらだめですから、油断はできないですね」

と語った。

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 3万5900点/+55.9
2着 二階堂亜樹・風林火山 3万2900点/+12.9
3着 近藤誠一・フェニックス 2万2400点/▲17.6
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 8800点/▲51.2

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +298.6(10/16)
2位 渋谷ABEMAS +140.9(10/16)
3位 U-NEXT Pirates +132.9(10/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +108.3(12/16)
5位 セガサミーフェニックス +74.3(12/16)
6位 EX風林火山 ▲5.0(10/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ8日目

詳細情報
EX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
4月1日の対戦はEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ8日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!