滝沢和典、6000オールで逃げ切り勝利!! 麻雀格闘倶楽部、チーム9勝目獲得!!

滝沢和典、6000オールで

逃げ切り勝利!!

麻雀格闘倶楽部、

チーム9勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕25日目、第1戦は滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。東場の親でハネマンを決めた滝沢が、園田・萩原の追撃から逃げ切って3勝目をゲット。麻雀格闘倶楽部は9勝目で、風林火山の追撃旗手の地位を固めた。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢渋谷ABEMAS松本吉弘TEAM雷電萩原聖人、そして滝沢の4名。

東1局は北家・園田のリーチと東家・萩原の仕掛けとのぶつかり合い。リーチ宣言牌の【6ソウ】【4ソウ】【赤5ソウ】とチーして打【赤5ピン】でテンパイ。ホンイツ【發】・高めイッツー・赤1の大物手。2巡後、萩原がツモ切った【4ピン】が園田の高めイーペーコーに命中。ピンフ・ドラ1・ウラ1の8000点で、園田がリードを奪う。

東2局、南家・松本の先制リーチに親の滝沢が追いかけリーチをかけて、滝沢が高めをツモアガリ。ピンフ・678サンショク・ウラ1の6000オール。いきなり園田を捲くってトップ目に立つ。

東4局3本場、ラス目に甘んじていた萩原がリーチをかけて高めツモ。リーチ・ピンフタンヤオ、そして待望のウラ2! 3000・6000で一気に戦線復帰。

南1局は、園田がドラとドラそばの並びシャンポン待ちリーチで、見事高めのドラをツモって2000・4000。

萩原と園田が滝沢を追うが、オーラスは滝沢が自ら喰いタンヤオ・赤1の500・1000をツモって試合終了。滝沢が僅差の勝負を制して、3勝目を獲得した。

滝沢はインタビューで、

「いつもより疲れましたね。いつもは次もやらせろ、という気持ちなんですけど、今日は疲れました。前回の試合は出来が良くなくて、今日はトップだったんですけど仮に何着でも、まぁよかったかなと言える内容だったと思います」

と語った。

【Result】
1着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 3万2000点/+52.0
2着 園田賢・ドリブンズ 2万6300点/+6.3
3着 萩原聖人・雷電 2万2500点/▲17.5
4着 松本吉弘・ABEMAS 1万9200点/▲40.8

【Total】
1位 EX風林火山 +480.7(24/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +177.6(25/90)
3位 渋谷ABEMAS ▲22.8(25/90)
4位 赤坂ドリブンズ ▲25.4(25/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲39.0(24/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲86.5(24/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲240.4(25/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲244.2(24/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月15日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!