滝沢和典、復活の麻雀バガボンド(放浪者)




復活の麻雀バガボンド(放浪者)

滝沢和典は、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士。そのルックスの良さから愛称は「麻雀界のタッキー」。ほかに「越後の奇跡」「麻雀バガボンド」キャッチフレーズを持つ。

「高校卒業したら麻雀をする」と進路指導で答えた少年は音楽専門学校に通う名目で上京。1999年、最高位戦日本プロ麻雀協会のプロテストを受験するが実技で大敗し不合格。荒正義の紹介で日本プロ麻雀連盟のテストを受けて合格し16期生となる。

若手を集めて実施されたテレビ対局「未来戦士21杯」(MONDO TV)で注目を集める。25歳で史上最年少でのプロ連盟Aリーグ入りを果たす。

2016年以来スランプに陥り、Cリーグまで落ちるが、本人曰く、現在は復調しているとの事。麻雀は攻守と押し引き全てに優れたバランス型。同じくプロ雀士の鈴木たろう曰く「教科書的」。テレビ対局では四暗刻大三元などを多くアガっている。

私生活では2児の父親である。子供の世話をするためMリーグの「ドラフト会議2018」は欠席し、指名選手で唯一会場にいない選手となった。

麻雀関連の仕事としてはTVアニメ『咲-saki-』の麻雀監修をしていた。

Mリーグの「ドラフト会議2018」では、「EX風林火山」から二巡指名される。「EX風林火山」の所属が決まり、Mリーグ2018では二階堂亜樹勝又健志とチームを組んで参戦。2019年シーズンも契約更新を経て同じチーム&メンバーで臨む。

著書多数。
滝沢和典のMリーグ戦記
滝沢和典の麻雀読みの公式
麻雀 読みの技術
滝沢流 麻雀絶対の一手
山読みを制する者は麻雀を制す
絶対に強くなる麻雀入門
滝沢の麻雀 勝利への絶対条件
ヒサトVS滝沢 麻雀戦術30番勝負

滝沢和典プロフィール

生年月日 1979年12月6日
出身地 新潟県
プロ入会 2000年
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟(16期生)
所属Mリーグチーム EX風林火山
Twitter 滝沢 和典@TakizawaRenmei

滝沢和典 タイトル歴

  • 第2回モンド王座決定戦
  • 王位(32期、33期 ※連覇は史上4人目)
  • 第13回モンド杯
  • 第1回 麻雀トライアスロン・雀豪決定戦

・長い王位戦の歴史の中で王位戦を連覇したのは滝沢を含め4人のみ。

滝沢和典 Mリーグ戦績

『Mリーグ2018』
【レギュラーシーズン成績】 個人:2位 / ポイント:314.8
【ファイナルシリーズ成績】 個人:8位 / ポイント:-34.4

「EX風林火山」のメンバーとして参戦。個人でポイント2位となりチームを牽引。放銃率1位というのは滝沢らしいともいえるが、フーロしてのアガリ率、ラス回避率も高く、Mリーグの赤入りルールにアジャストした事を見せつけた。レギュラーシーズンでチームは1位の成績を収め、ファイナルシリーズに勝ち進む。

滝沢和典は、ファイナルシリーズでは手が入らず勝てない展開の際に、首位チームに厳しく打つ着順操作を考慮した打ち回しをせざるを得ない局面が目立った。チームは4チーム中2位に終わる。

レギュラーシーズンの2018年10月2日の第2試合、東二局親番で第1ツモを取らずに第1打を打牌してしまったため少牌となり、その局は和了り放棄となる失態を犯した。その後しばらくツイッターのアカウント名を「滝沢少牌和典」として反省の姿勢を見せた。

同じくレギュラーシーズンの2019年2月7日第2試合の東四局で赤坂ドリブンズの園田賢から大三元をアガる。

滝沢和典 Mリーグ関連記事
Mリーグ2018ベストオブ【滝沢和典】〜21人のMリーガー名場面集〜
トップは取らせねぇよ!奇跡を手繰り寄せる滝沢和典の男前アシスト【熱論!Mリーグ/FS第17節】
ほとばしる衝撃波! 滝沢和典の繊細な技術と麻雀愛が生み出した秀麗な役満【熱論!Mリーグ】
「奇跡」と「躍動」が止まらない!滝沢和典は小説より奇なり【熱論!Mリーグ】
【熱論!21人のMリーガー】滝沢和典・EX風林火山〜正念場でモードチェンジする「滝沢のスイッチ」〜
「少牌」「裏ドラ」の存在を有名にする男…我こそは滝沢和典【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗

この記事のタイトルとURLをコピーする