麻生ゆり、法律を学び麻雀の世界へ飛び込んだ女流雀士

麻生ゆり(あそうゆり)は日本プロ麻雀協会に所属するプロ雀士である。

キャッチコピーは「ホワイトリリィ」。

大阪府生まれ。
はじめて麻雀に触れたのは20歳の頃。大阪大学法学部在学時に先輩達が教室で麻雀しているところに遭遇したことがきっかけ。その後大阪大学法科大学院に進学。プロ雀士としては珍しいロースクール出身という経歴を持つ。

2012年、日本プロ麻雀協会のプロテストに合格。
2016年、同団体タイトル第7回ウェスタンチャンピオンシップ優勝。
2018年、麻雀ウォッチ 第1回 プリンセスリーグ 優勝

尊敬する雀士は鈴木たろう、渋川難波。
デビュー後、数年間は地元関西でプロ活動を行っていたが、対局や実況など東京での活動が増えたため関東に移住した。

自身の雀風を尋ねると「楽観的」。ポジティブな思考で対局に臨む。

現在は麻雀店で働きながら、次のタイトル獲得に向け研鑽を積んでいる。

2021年、麻雀最強戦2021全日本プロ選手権でのべ1000人の参加者からベスト8進出。10月23日の放送対局へ駒を進めた。

関連記事:最強戦2021全日本プロ選手権8名決定!!!

麻生ゆり プロフィール

生年月日 11月18日
出身地 大阪府
プロ入会 2021年
所属プロ団体 日本プロ麻雀協会(11期生)
SNS Twitter:麻生ゆり

 

 

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!