井出洋介(いでようすけ)、多くの人に愛読される「東大式麻雀」

井出洋介

井出洋介(いでようすけ)は麻将連合に所属するプロ雀士である。

1956年東京杉並区生まれ。麻将連合(ミュー)前代表。

東京大学文学部卒業。卒業論文は「麻雀の社会学」。
1979年、最高位戦日本プロ麻雀協会入会、1996年に退会。
麻将連合-μ-(ミュー)を自身で立ち上げる。同団体の代表を10年、現在はGMを務める。

「賭けない麻雀」「健康な麻雀」を標榜し、従来の麻雀のイメージを変える活動を長年行っている。
「東大式麻雀」のキャッチコピーで多くの入門・戦術書籍を出版しているほか、麻雀番組「THEわれめDEポン」をはじめとした番組解説など麻雀の普及に尽力している。

競技プロ雀士として最高位、将王、BIG1カップなど多くのタイトルを獲得。
最強戦2021男子プロ 因縁の血闘では他団体のトッププロを相手に勝利し、ファイナルへ駒を進めた。

関連記事:これが令和の井出洋介の麻雀!自分の麻雀を貫き通した男の熱き闘牌 麻雀最強戦2021「男子プロ 因縁の血闘」観戦記【決勝卓】

関連記事:遥かなる井出洋介への思い【新井啓文の最強戦敗戦記】

関連マンガ:祝!麻雀最強戦ファイナル進出!井出洋介プロとMリーグとわたし【麻雀最強戦スペシャルマンガ】

井出洋介 タイトル歴

第19期 最高位
第2・4・12回 BIG1カップ
第15期 将王

井出洋介 プロフィール

生年月日 1956年2月15日
出身地 東京都
プロ入会 1979年
所属プロ団体 麻将連合
SNS なし

 

 

 

  • 井出洋介

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!