これが令和の井出洋介の麻雀!自分の麻雀を貫き通した男の熱き闘牌 麻雀最強戦2021「男子プロ 因縁の血闘」観戦記【決勝卓】

これが令和の井出洋介の麻雀

自分の麻雀を貫き通した

男の熱き闘牌

【決勝卓】担当記者:危険な鬼太郎 2021年3月14日(日)

決勝に残った4人はいずれも昨年の最強戦で惜しくも敗れたメンツ。昨年の雪辱を晴らす為にも、この大会で優勝をして最強位である多井隆晴にリベンジをしたい。

果たして多井隆晴が座して待つ最強戦ファイナルに進む最初の一人になるのは誰になるか。

まずは予選を勝ち上がってきた4選手を軽く紹介する。

A卓1位通過 朝倉康心

1回戦では倍満をアガリ通過を決めたかと思いきや、そこから一時期3着落ちするまで苦しんだ。

だが持ち前の粘り強い麻雀で予選を通過したのは見事の一言。

決勝戦の入場シーンでも自らを律するために頬を叩いて喝を入れていた。

A卓2位通過 井出洋介

麻雀プロの事をさほど知らない人でも、井出の名前ぐらいは聞いたことがある人もいるだろう。それだけ麻雀の普及に力を入れてきた男で同時に実績を残し続けてきたプロだ。

予選ではリーチを多用して2位通過を決めた。決勝では井出らしいヤミテンが観れるか?

B卓1位通過 堀慎吾

Mリーグでも大活躍中の堀。予選ではホンイツ、ドラ4の跳満をツモってからはのらりくらりと局を流して見事に予選を通過した。

昨年はオーラスで惜しくもまくられてファイナル進出を逃したので、今年こそは勝ち上がりたいところ。

B卓2位通過 新井啓文

いきなり東1局から8000点を放銃してしまったが、新井の魅力はその打点力の高さ。その打点力の高さで見事に予選を通過した。

昨年のファイナルでは惜しくも多井に競り負けて最強位を逃した新井。この4人の中で一番勝ちに飢えているのは新井なのかもしれない。

【決勝戦】

東1局 ドラ 親・堀

井出がタンピン三色ドラの超絶イーシャンテンの手牌で選択。

井出はここで打を選択。678の三色を見た。

聴牌効率だけで言えばを切ってマンズのリャンカンと待ちを残す一手だが、多井は「これは切りもありますねー!」と言っていた。

を打つとを引いてのリーチタンヤオピンフ待ち聴牌を逃す危険もあるが、

をもし重ねられたら、ソウズの3面張との好形イーシャンテンへと変化する。

もっと深い巡目だったらこういう手替わりなどを全く見ずに、打と真っすぐに打ってもいいと思うがまだ4巡目。ならば、打としての受け入れを消してソウズの変化を見る手もあったように思える。

井出はを切ってしまったのでソウズが手牌で全く機能していない。

打ちも普通の打牌だが、柔らかい打牌を好む井出らしくない一打に見えた。

親の堀がを鳴いてホンイツの聴牌を入れる。

としてカンの聴牌。鳴いているのはオタ風のではあるが、ドラ色なので他家は堀の仕掛けが怖い。

これに聴牌から放銃したのが井出。

親の堀にマンズが危険なのはわかるが、こっちはドラ待ちではあるもののタンヤオ三色ドラ1のマンガンの聴牌。これは止められないか。

堀がホンイツドラの5800のアガリ。まだまだ勝負は分からない。

東2局2本場供託1本 親・新井 ドラ

井出が掟破りの即リーチ。

待ちのリーチタンヤオ、高め一盃口の勝負手。

井出は二人勝ち抜けのルールならばこういう手をリーチせずに勝てる自信があるのだろう。ただ、決勝戦で勝てるのは一人だけ。1位になる為にはリーチをしなければ勝てないと判断した訳だ。

まして東1局で5800を振り込んでしまった。なので早めに戦線に復帰したいところ。

このリーチに堀は全く屈せず、井出のリーチの一発目にド無筋のを叩き切ってをリャンメンチー!

またもや無筋のを切り切ってドラ1の2000点の聴牌を入れる。

堀は抜こうと思えば井出のリーチの一発目に暗刻のを切る事は出来たが、「井出の捨て牌は強く、通っていない筋が多すぎる。井出のリーチに無筋を捨てても放銃する確率もそう高くはないだろう」と見てのプッシュだろう。

つまるところ、堀は井出に放銃する確率よりも自分が無筋を打ってアガリ切る確率の方が高いと思ったわけだ。

この堀に放銃したのが七対子ドラドライーシャンテンだった新井。

これも恐らくは堀と同じ考えだろう。降りるのならば筋の辺りがあるが、自身は親でチートイドラドラのイーシャンテン。しかもは筋とはいっても絶対に通る牌とは言えない。

打点に重きを置く新井らしい打に見えた。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!