【雀士名鑑】渋川難波(しぶかわなんば) 大人になった麻雀少年、ついに念願のMリーガーへ

渋川 難波(しぶかわ なんば)は日本プロ麻雀協会に所属するプロ雀士である。
キャッチコピーは「魔神」

1986年5月19日、広島県廿日市市生まれ。
卓球とテレビゲーム、麻雀で遊ぶ少年時代を過ごす。

麻雀との出会いは6歳の頃。きっかけは家に父が集めた麻雀漫画がたくさんあったこと。
読み進めるうちに自身でも打つようになった。
ちなみに好きな漫画は「ノーマーク爆牌党」「兎」。
麻雀を愛する麻雀少年はそのまますくすくと麻雀に打ち込み、気づけば麻雀青年に成長する。
広島在住の大学生時代にオンライン麻雀天鳳で十段に到達。

大学生業後、プロを志し上京。
2011年、プロテストに合格し日本プロ麻雀協会所属のプロ雀士となる。

2013年、プロ入り三年目で所属団体のタイトル・雀竜位を獲得。
2015年、若手雀士の登竜門である野口恭一郎賞男性棋士部門で優勝、モンド杯出場権利を得る。
2017年、所属団体が主催するオープンタイトル・第15回日本オープン優勝。
2021年、自団体のリーグ戦最高タイトルである雀王を獲得(決勝メンバーは矢島亨・小川 裕之・仲林圭)
2022年、「Mリーグ2022-23 ドラフト会議」でKADOKAWAサクラナイツが1巡目指名し、選手契約を締結。

雀風は高打点攻撃型・またデジタル雀士としても有名。
目標とするプロはMリーグ・KADOKAWAサクラナイツ所属の堀慎吾(協会)。
もともと仲が良く、一期先輩である堀は渋川より一足先に雀王になりMリーガーとなった。よきライバルであり、盟友である。

打ち手としてだけでなく、麻雀番組解説や配信でも活躍中。
Mリーグでは2020年からレギュラー解説を務め、初心者から上級者まで楽しめる解説者として人気を博す。また、自身のYouTubeチャンネル「渋川式 麻雀通信」では麻雀戦術やゲーム実況など、さまざまな動画を見ることが出来る。

その他、著作である麻雀戦術本「魔人ラーニング」や、麻雀漫画「麒麟児」シリーズ(漫画:塚脇永久)の闘牌指導も行っており、まさに麻雀メディアのエキスパートである。

趣味は将棋とYouTube。

麻雀最強戦2022タイトルホルダー頂上決戦優勝。

渋川難波 獲得タイトル

第11期 雀竜位
第13期 野口恭一郎賞男性棋士部門
第15回 日本オープン
第20期 雀王

渋川難波 プロフィール

生年月日 1986年5月19日
出身地 広島県廿日市市
プロ入会 2011年
所属プロ団体 日本プロ麻雀協会(10期生)
SNS twitter

YouTube

渋川難波 Mリーグ戦績

所属チーム

2022年 KADOKAWAサクラナイツ
2023年 KADOKAWAサクラナイツ

Mリーグ2022-23 個人成績

Mリーグ2022-23 順位 ポイント
レギュラーシーズン  21位  ▲105.1pt
セミファイナル  5位 80.6pt
ファイナルシリーズ  –

【Mリーグ2022-23】チーム・個人ランキング – レギュラーシーズン
【Mリーグ2022-23】チーム・個人ランキング – セミファイナルシリーズ
【Mリーグ2022-23】チーム・個人ランキング − ファイナルシリーズ

麻雀遊戯王

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀おすすめ書籍/