ほとばしる衝撃波! 滝沢和典の繊細な技術と麻雀愛が生み出した秀麗な役満【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

ほとばしる衝撃波!

滝沢和典の繊細な技術と

麻雀愛が生み出した

秀麗な役満

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2019年2月7日

 

首位、EX風林火山の調子は下降線をたどっていた。

本日の試合が始まる前、あと4節を残してのチームランキングがこちら。一時は400を超えていたEX風林火山のポイントは200近くまで目減りしている。

そして、本日1戦目、

南3局の勝負所で、勝又にこの大物手が入る。対面寿人の親リーチが入っているが、寿人の河にはがある。アガるのは時間の問題か…

と思われたそのとき、寿人が山に1枚しかないを力強くツモりあげた。

寿人のツモ発声を聞いた瞬間、首をかしげる勝又。絶好のテンパイでも、思い描いた決着にならない。最後の一押しがなかなか効かない。

オーラスでは寿人とのめくりあいにも敗れ、勝又は2着でこの半荘を終えた。

内容は決して悪くないのに…なんとも言えないこの微妙なムード。

そんな中、2戦目に出場するのは滝沢だ。

今までも、ここぞというときにトップを取り、幾度となくチームを盛り上げてきた滝沢。

ファイナル進出自体は何とかなりそうだ。

だが、なんとか弾みをつけて決勝に臨みたい。滝沢は、EX風林火山に漂う重い空気を払拭することが出来るだろうか。

2回戦

 

1.東3局

ここまでは、園田、茅森と続けて討ち取った寿人が頭一つ抜ける展開。

ホンイツも見つつ、第一打にを切った滝沢、

2巡目のここで、

とする。これはソウズメンツを作るのならドラの周りで、という意志のこもった一打だ。

を使ったメンツは、の一通り。

一方、を使ったメンツは、の二通り。

を残す方がドラを使えるパターンが多い。

ホンイツを本線としつつ、ドラメンツは逃さないようにするという、打点を見た一打だ。ドラを打ち出さないように構える、という守備的側面もある。

次巡、

を引いて、

は1枚切れ。マンズで良形が出来たなら、赤を活かしながらドラや一通を絡めて中打点の手にするルートも見た一打だ。を重ねたらホンイツもある。

さらに次の巡目には、

ドラをキャッチ!ここでホンイツは見切って打。2巡目に打としてを残したからこそ、ここでスムーズにドラを使うことが出来る。細かい部分だが、滝沢の技術が光る。

どのみちを引くのだが…まぁそれはさておき、ここでの選択は、

とした。この判断は場況による部分が大きい。5巡目にしてを切っている人が二人、を切っている人が一人いる。周りはかなり強そうだ。

また、対面の寿人は2巡目にを切っている。引きにも期待が持てる。

景色の良い色に寄せつつ、一通やイーペーコーの手役も追った実戦的な一打だ。

見事にをキャッチ!一気通貫のテンパイを入れた。

しかし、今日は攻撃型の選手が揃っている。

寿人がチートイドラドラでリーチ。待ちごろと見て残したで待つ。

親の園田もリーチに対してド無筋のを切って追っかけリーチ。ツモれば三暗刻だ。点棒の少ないここは負けられない。

結果は…

 

「ツモ」

気合十分の両者をかわし、クールにアガったのは滝沢だった。ツモ一通赤ドラ、2000-4000。

少し口元が緩んだ滝沢。

トップへ向けてのダメ押しのリーチを潰されて悔しそうな寿人。

ラス目からさらに満貫を親被りして、まいったな…という感じの園田。

滝沢の繊細な手順と、アガリが出たときの3者の表情が印象的な一局だった。

 

2.東4局

西家の滝沢の1巡目、

が重なって4トイツになる。ここは親の現物を残して打

2巡目に、

を引いてここは打。役牌を重ねる方がトイトイで使うのに価値が高い。は手にとどめる。を切る方が河が少し目立つので、を切った。

後でも触れるが、滝沢は河を極力目立たなくするのが上手いプレイヤーだ。「見え方」にも注意を払っている。

3巡目、

を引いてホンイツも見えてきた。ここは打

4巡目にツモったのは、

だ。何を切る…

 

滝沢は、打とした。ホンイツ一直線の打は、トイツ落としとなるので河が派手になって役牌やソウズが警戒されてしまう。そうなってはアガリの道は険しいだろう。

ここは満貫が確定しているトイトイを本線にして、うまくいけば四暗刻や三元役を狙う。

が鳴けた。ここは…

としてイーシャンテンに。がくっつきとして弱い牌なのでホンイツはここで断念。

残したを引けば最低でもホンイツトイトイ小三元赤の倍満、高目&高目だと大三元の役満になる。無理なく高打点に移行できるので、まだ1枚切れのは引っ張る。

を先に切っておいてトイツを多少ぼかす作戦もあるが、1枚見えどうしでよりを引っ張っている時点で、このメンツはへの警戒を簡単には解かないだろう。

そして、

このを逃すのは、策士策に溺れる、というものだ。手役意識の高い滝沢がそんなことをするはずがない。

スッとを切る滝沢。

私にはこのを重ねたときの滝沢がとてもうれしそうに見えた。出来るだけ平静を装っているが、心は踊っていたのではないだろうか。

きっと、滝沢は麻雀が大好きなんだろうな。という思いが私の頭の中に浮かんだ。思えば、美しくも繊細な滝沢の手順は「麻雀が大好きな人」らしい、麻雀愛にあふれたものだ。Mリーグという大舞台においても、滝沢は緊張しつつ大好きな麻雀を楽しんでいるのだろう。

さて、役満のイーシャンテンだ。ここからさらに滝沢は工夫を凝らす。

滝沢は次巡を引いてきて、

そのままツモ切った。と入れ替えないのは極力トイツ落としに見せないためだ。を2枚並べてトイツ落としがバレてしまうと、

よりいいトイツは…?」

と他家に読まれて三元牌が止められてしまう可能性が高くなる。

離して切れば、からの切り出しやからの引き、ここでは可能性が薄いがスライドなど単純なのトイツ落としではないケースも読み筋に入ってくる。

を切っている人もいるので、危険度もそこまでではない。もちろん、のちにバレてしまうことも多いが、役牌の出に期待し、この大物手のアガリ率を高めるために積極的にを残した。

しかし、そこに立ちはだかったのは、

目下、平均打点トップの茅森だ。しかも、をおさえての単騎待ちリーチ。これは滝沢苦しいか…

画面が切り替わると、すでに滝沢はをツモ切りしていた。子方のリーチでこの手を簡単にオリていたら麻雀にならない。ここは勝負だ。

次の滝沢のツモは、

なんとラスト1枚の!これで茅森のアガリ目はなくなって、役満のテンパイ。しかも、は茅森の現物。あと1枚は確実に山にいる。

滝沢は静かにを手の内から切った。

下家園田の次のツモは、

…!

茅森には現物だ。

ここで園田は考えた。

「滝沢にこのが通るか…?」

滝沢の2つ前の手出しは6巡目の、直前の手出しは9巡目の。つまりはトイツ落としだと読める。ということは、滝沢は9巡目まではノーテンであったことが分かり(手に不要な、トイツ落としの残りであるを持っているため)、9巡目にテンパイになる牌を引いたケースでしか滝沢にテンパイは入らない。

は8巡目に滝沢が茅森に通していて、安全牌だ。滝沢は9巡目に危険牌を引いて、と入れ替えた可能性も十分に考えられる。そして、次に滝沢が手変わった場合にはこのはますます打てなくなる。

園田の出した結論は、

「切るなら今しかない」

 

 

 

「ロン 32000」

 

 

 

手を開けられて顔面蒼白になってしまった園田。

どんなに放銃しても放銃しても、その分アガリつづけることで勝ってきた園田。

パンチを食らうことには慣れっこだが、この一撃はあまりにも重すぎた。

卓上にほとばしった役満の衝撃は、会場を越えて、解説席を越えて、モニターをも越えたようだった。

この後の南場は心なしかいつもより早く進んだように感じた。また、解説席も言葉数が少なくなったように思えた。さらに、視聴者のコメントで尖ったものは一気に減ったようにも思えた。

誰しもがこの役満の衝撃波にあてられてしまったのではないだろうか。

 

3.南2局1本場

役満をアガった滝沢の選択はさらに冴えわたる。

親番5巡目で、

この手格好。赤とドラのある良い手だ。ここで、

滝沢はを1枚外した。狙いは、安全牌としてを置いておきたいというだけではない。

次巡、

を引いてイーシャンテンになったときにも、

を残している。これはの周りが良く見えるので、引きを狙っていたのだろう。

画像では見づらくて申し訳ないが、対面の寿人は3巡目にを切っている。茅森は2巡目に切り。

は2度受けなので、を引いたらを払っていこうという攻めの姿勢から生まれた残しだ。

また、これは先ほどにもあったトイツ落としに見せないテクニックでもある。勝負に行ける手ほど河は大人しく、というのを滝沢は意識しているのだろう。

次巡、

寿人の手出しが入ったのを見てを持ち替え。寿人がマンズの下を持っていたのなら、思ったほど周りは良くないのかもしれない。1巡の変化で選択を変える、細やかな判断だ。

さらに、

上家の茅森が直前に切ったを引いてくる。

これを残して打。シャンポンの受けがあるのに加え、を引けばテンパイへの受け入れ枚数も多くなるうえ一通も狙える。点棒のリードと自身が親番であることを活かしたMAXの手組。

を引いて、中点連結!

もちろんリーチだ。こんなにもいい手なのに、静かな河であることがまた美しい。

そして一発ツモ。ダメ押しの6000オール。

テン良し、中良し、終い良しと、理想的な試合運びで滝沢は特大トップを決めた。

試合後のインタビューで印象的だったのが、

役満の話の途中で、滝沢はこう話した。

「僕は、東1局がけっこう自分では好きで…」

なんと、別の局の話を始めたのだ。そのシーンは、

上家茅森の親リーチが入っているこの場面、は前巡に園田が通している。

ここで、滝沢はを中抜きした。は押している園田の安全牌。この手で粘るよりは、予想される園田の追撃に備えた方が良いとの判断だ。

その後、滝沢の読み通りに園田がリーチ。

滝沢は、を置いておいたために手詰まりを回避できた。

と、確かに好プレーではあるのだが、あの全国に衝撃を与えた役満の話を切ってまで、このシーンを滝沢は取り上げたのだ。

私は思った。

『本当に、滝沢は麻雀を愛しているのだな』

と。

麻雀が好きで好きで、勉強し、研究し、プロ中のプロいわばマニアのような人だからこそ、このような素朴な好プレーを振り返ることで、じんわりと喜びがこみあげてくるのだろう。

大三元のタネを重ねたときのどこか嬉しそうな表情から私が感じた予感が、確信に変わったインタビューの1コマだった。

滝沢が暗いムードを吹き飛ばして、EX風林火山のシーズン首位は確定的となった。

初年度のMリーグ制覇に向けて、視界は良好だ。

 

追記

さて、Mリーグのレギュラーシーズンがもうすぐ終わろうとしている。

私はMリーグに2つのものを教えてもらった。

1つは、麻雀が大好きという気持ち。

リアル麻雀や天鳳をずっとやっていると、

「麻雀面白くないわ」

といういわば斜に構えたような、分かったような気持ちになることもよくあった。

しかし、今日フォーカスした滝沢選手のように麻雀を愛している超一流プレイヤーどうしの真剣勝負。飛び交うハイレベルのテクニック。

Mリーグで目にするたび、心が躍った。

「麻雀はこんなにも奥が深く、面白い」

ということを改めてMリーグは教えてくれた。今ははっきりと言える。

『私は麻雀が大好きだ』

と。

もう1つは、全国に多くの麻雀ファンがいるということ。

Mリーグは様々な人を魅了した。SNSで、選手に声援を送る人、独自のデータを取る人、漫画やファンアートを描く人、僭越ながら我々のように観戦記を書く人、…多くの人がそれぞれの形でMリーグを盛り上げていた。

麻雀を好きな人ってこんなにもいるのだなぁ、と改めて気づかされた。推しチーム応援仲間などの新しい麻雀つながりも生まれたのもMリーグのおかげだ。

やっぱり、麻雀仲間っていいものだ。

「あの人と麻雀が打ちたいな」

そう思っても、時間が取れなかったり、遠く離れたりしてなかなか打てないこともよくある。

Mリーグのオフシーズンには、ちょっと遠出して打ちたい人のところへ行こう、そう思った2月のはじめでした。

熱論!Mリーグ木曜日 ご愛読くださってありがとうございました!

 

ゆうせー
京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

(C)AbemaTV