決してブレない鉄メンタル 魔王・佐々木寿人の半荘支配計画【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

決してブレない鉄メンタル

魔王・佐々木寿人の

半荘支配計画

文・真中彰司【木曜担当ライター】2019年2月7日

 

2月7日。今日の解説は“トイツマスター”こと土田浩翔プロだ。

前回はフェニックスの近藤とのコンビ解説だったが、今回はソロ解説での登場となった。

レギュラーシーズンが最終盤を迎えているこの時期、1戦ごとに激しく順位が入れ替わる状況では、解説している選手も気が休まらないだろう。

選手の負担を減らして試合に集中してもらうためにも、Mリーガー以外のプロ雀士を解説に呼ぶのはとても良いことだと思う。

ちなみに金曜日は内川幸太郎プロが解説なので、ファンの方はお楽しみに。

さて、話をファイナル進出争いに戻そう。

各チームが残り4~6試合となり、ファイナルへのチケット争奪戦は段々と条件戦の様相を呈してきた。だがしかし、ここまでの大混戦を誰が予想しただろうか。

推しチームの選手を応援するのはもちろんだが、試合を見ているうちに

「あの選手の打ち方面白いな」

「この選手の手作りカッコいいな」

と、どんどんMリーグ全体を好きになってきている人もいるのではないだろうか?

そんなMリーグも、悲しいことにあと4日でレギュラーシーズンが終わってしまう。各チーム年100試合くらいあってほしいと常々思うのだが、所属団体のリーグ戦やタイトル戦との兼ね合いもあるため、難しいところである。

改めてここまでの132半荘のポイント変動を見てみると、Mリーグでいかに激しい戦いが繰り広げられていたか、お分かりいただけると思う。

特に驚異的なのが麻雀格闘倶楽部(以下KFC)。白い折れ線グラフが示す通り、一時期はマイナス400ptで最下位に沈んでいたのだ。それが今や4位と、ファイナル進出圏内まで復活してきた。

そのKFCを支えてきたのは間違いなく、“魔王”こと佐々木寿人だろう。

出場試合数は21人中トップの35試合。ポイントはトータル4位の159.8pt。

開幕当初はなかなかポイントを伸ばせず苦しんでいたが、「トップラスはプラス」を合言葉にトップを量産し、結果的にトップ10回、ラス10回という派手な成績に。

雀風からして、いかにも寿人らしい勝ち方だ。

しかし今回はファイナル争いの相手、フェニックス・茅森との直接対決だ。少なくとも茅森より上の着順を取らなければ、ファイナルへの道は開かれない。

ゼウスも軍師も女豹も恐れない、大魔王の降臨だ。

東1局、席に座るなりさっそく最速手順でリーチ。

ペンという愚形待ちで2600点の低打点、お馴染みのガラクタリーチだ。

こういうリーチをブレずにかけ続けられるのが寿人の強さ。

とにかく攻め続けて相手を制圧し、半荘を支配する。

今日も寿人の“半荘支配計画”が始まった。

しかし近年の寿人は攻撃だけでなく、守備で魅せる場面も増えてきた。

その一例が東1局1本場

まずは茅森がドラ対子でのカン待ちのリーチを打つ。

平均打点が7800点の茅森だ。安いはずがない。

そこにダブをポンした勝又が無筋のを押している。

勝又はリスクに見合わない勝負はしない。これも確実に手が入っている。

そこに苦しいながらペンでテンパイしていた寿人だが、ここでを持ってくる。

は茅森に通っておらず、勝又の河にもソーズがほとんど出ていない。

小考ののち、スッとを切って降りを選択した。

もともとの超攻撃型のイメージもあって、ここはゴリゴリ押していくと思った視聴者も多いだろう。土田プロも「何だって!?」と驚きを隠せない。

当の寿人は「俺だって守備くらいできるんだよ」と、涼しげな表情。

しかし、やはり豪快に攻めてこそ寿人。守備力を見せたのはほんの一瞬だった。

勝又の芸術的な高目三色、待ちの親リーチに対し…

「リーチ?聞こえないな」

と、お構いなしで真っ直ぐにを打ち抜いた。この間、ツモってから切るまで約1.2秒。

この男には、プレッシャーというものが無いのだろうか?

ファイナル進出争いをしているこの状況、1打1打に凄まじいプレッシャーが懸かっているはずだ。ましてや相手は親番の勝又。放銃したら致命傷になるのは間違いない。

誰もが放銃を恐れて萎縮してしまう場面でも、果敢に攻められる精神力。

もはや今の寿人のメンタルはダイヤモンドよりも固い。

何人たりともそのファイティングポーズを止めることなどできないのだ。

もノータイムで押し続け、待ちで追い付く。

枚数はが3枚、が1枚ずつ。勝又の方が2枚多いため、多くの人は勝又がツモるか、寿人がを掴んで放銃、という結末を想像するだろう。

しかし、確率なんて簡単にひっくり返してしまうのが魔王の底力。

海底牌に眠っていたを掘り起こし、劇的な満貫ツモ。

倒れるなら前のめりにと、腹を括って危険牌を押し続けた寿人の執念の勝利だ。

その後は放銃を重ねラス目に落ちてしまうが、魔王にとってはよくあることだ。

放銃上等。やられたらやり返す。それが“チームガラクタ”ではないか。

「はいはい、とりあえずこれで3着ね」

まずはリーチ・ツモ・裏1の2000オールでラス目を脱出すると…

「これで足りるかな」

このリーチ・ツモ・・ドラ1でラス牌のを力強くツモりあげ、あっという間にトップ目に復活。一度地獄を見た男にとっては、このくらいの逆転は朝飯前だ。

勝又の渾身の跳満ダマテンも、魔王の支配の前では一歩及ばなかった。

オーラスも勝又・茅森とのアガリ競争を制し、見事にトップを獲得。

終始攻め続けて半荘を支配し、個人としては11勝目を挙げた。

この勝利で寿人は個人成績3位に浮上。

そして、KFCは初戦以来、実に75試合ぶりにプラス域に到達。

本当に長い長い道のりだった…と、振り返りたいところだが、そんな時間はない。

2連投の次戦でトップを取ると、4位争いから1歩抜け出せる。

そう意気込んで2戦目に向かった魔王に、またも強敵が立ちはだかる。

現在連勝中のマジシャン・園田賢(個人成績2位)だ。

さすがの寿人も、園田が相手では苦戦必至か…と思いきや、1戦目でトップを取ってノリにノッてる魔王は止まらない。

東1局から、2軒リーチに無筋のを切り飛ばして追っかけリーチ。

これを園田から一発で討ち取ると、なんと裏ドラがで跳満のアガリ。

3900の手が12000に化けた。恐るべし魔王。

「これで決まりだ」

東2局も8000点を加点し、迎えた東3局。

この局も寿人は最速でチートイドラドラを仕上げ、1枚切れの単騎でリーチ。

跳満を引いて勝負を決めようという算段か、まさにやりたい放題だ。

今にも3000-6000か8000という、高笑いが聞こえてきそうな雰囲気だ。

この半荘も魔王に支配されてしまうのか…と誰もが思ったその時。

1人の武士が、魔王に立ち向かおうと静かに機を窺っていた。

そう、寿人の永遠のライバル、滝沢和典である。

風林火山のエースとして、チームの首位独走に大きく貢献してきた。

その滝沢との“タキヒサバトル”がここで勃発。

果たして滝沢は寿人の支配を止めることが出来るのか!?

残念ながら、私が書けるのはここまでだ。続きはゆうせ~さんの観戦記をご覧あれ。

そして見てほしい。ファイナル進出を賭けた激しい戦いの結末を。

↓↓ゆうせー観戦記事はこちら↓↓

ほとばしる衝撃波!滝沢和典の繊細な技術と麻雀愛が生み出した秀麗な役満

真中彰司
関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV