前原雄大、正義は我らガラクタにあり!? 麻雀格闘倶楽部3位復帰!!

前原雄大、
正義は我らガラクタにあり!?
麻雀格闘倶楽部3位復帰!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の4日目第2戦は、前原雄大KONAMI麻雀格闘倶楽部)がトップを獲得。

東場は日向への放銃や和久津のツモアガリの後塵を拝した前原だったが、南場の親番での連荘を成功させると、タンヤオ・ドラ1・赤3(通称ザリガニ)のアガリを決めて一気にトップ目に。1戦目ラスの佐々木の仇討ちと言わんばかりに、トップをもぎ取った。

2回戦の対局者は、セガサミーフェニックス和久津晶渋谷ABEMAS日向藍子TEAM雷電黒沢咲、そして前原。

東1局、親の前原は仕掛けてテンパイを入れるも、絶好調の日向のリーチに放銃してしまう。前原、タンヤオピンフ・赤2の8000点の失点からのスタートとなる。

潮目が変わったのが南1局1本場。日向が11巡目に待ちのノベタンでリーチをすると、前原がドラのカンをチーしてを勝負、チャンタサンショクのペン待ちテンパイ。このが黒沢から出て5800。前原が復活の狼煙を上げる。

同2本場、前原はタンヤオ・ドラ1・赤3のツモアガリ。4000オールで一気にトップ目まで突き抜ける。

このアガリが決め手となって、前原が麻雀格闘倶楽部に勝利を持ち帰る。いったんは5位に下がった着順を1試合で3位に復活させた。

勝利者インタビューで前原は「チームがちょっと下降気味だったので、(トップは)嬉しいですよ。我らはガラクタっぽくあろうということで、我々の正義を貫こうということで、これがガラクタだぞというところを見せられて、よかったんじゃないかと思いますと語った。

【Result】
1着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 4万3500点/+64.5
2着 日向藍子・ABEMAS 2万2700点/+2.7
3着 黒沢咲・雷電 1万8800点/▲21.2
4着 和久津晶・フェニックス 1万4000点/▲46.0

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +175.2(6/16)
2位 渋谷ABEMAS +138.6(6/16)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +98.6(6/16)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +90.0(4/16)
5位 U-NEXT Pirates +43.6(4/16)
6位 TEAM雷電 ▲180.6(6/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月20日の対戦は
セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ4日目

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!