日向藍子、東場で3度のマンガンツモ!! ABEMAS、セミファイナル初勝利&2位浮上!!

日向藍子、
東場で3度のマンガンツモ!!
ABEMAS、セミファイナル
初勝利&2位浮上!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の4日目第1戦は、日向藍子渋谷ABEMAS)がトップを獲得。

日向は開局から絶好調ぶりを発揮する。早いリーチとツモ和了りで3度のマンガンと7700を加点し、早々に独走態勢に。オーラスも親の佐々木のマンズ仕掛けを潰す、魚谷への放銃で試合を終わらせるゲームメイクを見せて、ABEMASにセミファイナル1勝目をもたらし、ABEMASはトータル2位に浮上した。

1回戦の対局者は、セガサミーフェニックス魚谷侑未KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人TEAM雷電萩原聖人、そして日向。

東1局、南家の日向が5巡目先制リーチからの一発ツモ! リーチ・一発・ツモ・赤1の2000・4000で先行する。

次局の親番では、日向は7巡目にをアンコにして待ちリーチをかける。これにテンパイした萩原からが出る。そしてウラが1枚で7700点の加点となる。

東3局の萩原の親番では、またも日向がリーチ。なんと2巡目。待ちのを一発ツモ! ドラが1枚の電光石火の2000・4000!

東4局には赤2の手を、またしてもリーチ・ツモ! ウラが1枚乗って本日3度めの2000・4000。

日向はこの稼いだ”点棒の壁”を利用して、オーラスに親の佐々木のマンズ染めに対してソーズ待ちの魚谷に放銃。みごとセミファイナル初勝利をABEMASにもたらした。

勝利者インタビューで日向は「翔ちゃん(白鳥翔選手)とたかちゃん(多井隆晴選手)が苦しくて、もってぃー(松本吉弘選手)が昨日2着2着と踏んばってくれたんで、私がちゃんと加点できてうれしいです。リーチかけてツモれて、リーチかけてツモれてというラッキーな局面ばかりで… 恵まれてましたと語った。

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 3万7100点/+57.1
2着 魚谷侑未・フェニックス 2万6100点/+6.1
3着 萩原聖人・雷電 2万3100点/▲16.9
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 1万3700点/▲46.3

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +221.2(5/16)
2位 渋谷ABEMAS +135.9(5/16)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +90.0(4/16)
4位 U-NEXT Pirates +43.6(4/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +34.1(5/16)
6位 TEAM雷電 ▲159.4(5/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月20日の対戦は
セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ4日目

この記事のタイトルとURLをコピーする
毎日麻雀情報を発信しています!