前原雄大、孫もいるレジェンド・プロ雀士「歌舞伎町のモンスター」の異名




孫もいるレジェンド・プロ雀士

前原雄大は、日本プロ麻雀連盟1期生としてプロデビューした超ベテランプロ雀士。Mリーグには最年長Mリーガー雀士として参戦。

その存在感、超攻撃的な麻雀を打つことから、「歌舞伎町のモンスター」・「超獣」・「地獄の門番」というニックネームを持つ。意外にもご本人は「天国だろうが地獄だろうが、普通偉い人は門番なんかやらない」と言って定着している「地獄の門番」の異名は嬉しくないようだ。

前原の放つ愚形リーチは「がらくたリーチ」と呼ばれファンには認知されている。名付け親は森山茂和日本プロ麻雀連盟会長。「私のリーチ、がらくたとか言われるけど、かなり精度は高いんですよ」と本人はかなり緻密な計算で仕掛けている。

少年時代に母親が買ってきた活字誌の『近代麻雀』創刊号に興味を持ち年間購読をする。創刊号から最終号までそろえていたという。

Mリーグの「ドラフト会議2018」では、「KONAMI 麻雀格闘倶楽部」から三巡指名される。「KONAMI 麻雀格闘倶楽部」の所属が決まり、Mリーグ2018では佐々木寿人高宮まりとチームを組んで参戦。2019年は前原を含め契約更新した3人に藤崎智を加えて挑戦する。

著書に「麻雀 何が何でもトップを取る技術」、「前原雄大の勝ってこそ麻雀」がある。

前原雄大プロフィール

生年月日 1956年12月19日
出身地 東京都
プロ入会 1981年
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟(1期生)
所属Mリーグチーム KONAMI麻雀格闘倶楽部
Twitter 前原雄大@yudai1219

前原雄大 タイトル歴

・鳳凰位 4期(第12・25・33・34期)
・十段位 5期(第14・15・24・25・26期)
・麻雀グランプリMAX 2期(第3期・8期)
・グランプリ2008 優勝
・チャンピオンカーニバル 2期(第1・5回)
・チャレンジカップ 1期(第51回)
・インターネット麻雀・日本選手権2012 優勝
・天鳳位VS連盟プロ2nd season 優勝
・天鳳位VS連盟プロ3rd season 優勝
・モンド名人戦 2期(第7・9回)
・モンド王座決定戦 1期(第8回)
・天空麻雀 1期(第8回)

日本プロ麻雀連盟のリーグ戦である鳳凰位の4期獲得は歴代最多タイ。
通算5回制した十段位は永世位を贈られている。

前原雄大 Mリーグ戦績

『Mリーグ2018』
【レギュラーシーズン成績】 個人:8位 / ポイント:84.8
【ファイナルシリーズ成績】 個人:12位 / ポイント:-184.6

「KONAMI 麻雀格闘倶楽部」のメンバーとして参戦。レギュラーシーズンの放銃率は21人中20位としながらもアガり回数は4位でポイントをプラスとしているのは立派。レギュラーシーズンでチームは3位の成績を収め、ファイナルシリーズに勝ち進む。

その前原雄大もファイナルシリーズでは奮わず最下位に。多井隆晴から大三元を直撃する見せ場を作ったがその半荘でトップをとれなかったのが痛恨の極みだった。 チームは4チーム中4位に終わる。「よく振ってよくアガる」の「よく振って」だけが目立つシリーズとなった。

Mリーグ開始前に「出番じゃない日でも試合会場には必ず行きます。何かあったら出られるように。アドバイスを求められれば話せるように」との発言は見事実践され、大ベテランでも麻雀に向かう真摯な姿勢を後進たちに見せている。

前原雄大 Mリーグ関連記事
Mリーグ2018ベストオブ【前原雄大】〜21人のMリーガー名場面集〜
前原雄大、萩原聖人、麻雀界のレジェンドがMリーグで伝えたかった事【熱論!Mリーグ】
土壇場でも変わらない、怯まない、前原雄大の大局観【熱論!Mリーグ】
恐るべし前原雄大の執念!今日の“ガラクタ”ベスト3【熱論!Mリーグ】
【熱論!21人のMリーガー】前原雄大・KONAMI麻雀格闘倶楽部〜踊る!レジェンドが反撃の狼煙を上げる〜

この記事のタイトルとURLをコピーする