Mリーグ2018ベストオブ【前原雄大】〜21人のMリーガー名場面集〜




Mリーグ2018

ベストオブ【前原雄大】

21人のMリーガー名場面集

文・masasio

 

傷跡に触れたい夜がある―

12月11日第2戦

前原雄大、

魚谷へマンガンの放銃。

落ち込む前原。

トップ目からの放銃なのでもちろん痛いことは痛い。

しかし自身の手も・・・

 

今切られたをチーしてテンパイ。

ドラドラのリャンメン待ち。

南場ならともかく、まだ東場だ。

「しっかり放銃して、しっかりアガる」

が信条の麻雀格闘倶楽部。

これくらいの放銃は日常茶飯事だ。

この時は「前原でも放銃して落ち込むことはあるんだなー」と深く気に留めなかった。

しかし前原が悔いていたのは、この放銃そのものではなかった。

さかのぼって6巡目、今を切ったところだが、

手があたってしまいが1枚転がってしまったのだ。

そしてこの手から少考してを切った。

普通はを切るところだ。

しかしは自分だけが1枚見えてしまっている牌だ。そこで待つのは何とも後味が悪い。

本来ならばここで切られているはずので放銃・・・

さえ転がさなければ・・・

後日前原のツイッターには、牌を見せてしまった自身への不甲斐なさと、謝罪が綴られていた。

もちろん牌を見せてしまうことはよくないことだが、前原が麻雀に対して真摯に取り組んでいるのが伝わってきた。

 

ファイナルシリーズ3月9日第1試合

ドラドラの手でを加カン。

なんと新ドラが!!!

ん?何か違和感が・・・

 

なんと嶺上牌を取り忘れて切ってしまった。

ドラ6のチャンス手がアガリ放棄に。

それだけではなく・・・

 

 

で親の白鳥に12000を放銃。まただ。

アガリ放棄で放銃・・・競技プロとしてこれほど屈辱的なことはないだろう。

対局後、少牌について謝罪する前原。

麻雀に真摯な前原のことだ、この時の心境は想像に難くない。

自身が放銃したこと、箱ラスを引いてしまったこと、そんなことよりもゲームを壊してしまったこと、チームメイト、対局者、ファンに対して申し訳ない気持ちでいっぱいだっただろう。

あってはならないミスだが、起こってしまったものはしょうがない。

プロならばプレーで見返すしかない。

そのチャンスは意外なほどすぐにやってきた。