森山茂和(もりやましげかず)、手役アーティストが描く牌と麻雀界の未来

森山 茂和(もりやま しげかず)は日本プロ麻雀連盟に所属するプロ雀士である。

1951年11月6日山口県小野田市生まれ。
専修大学在学時に麻雀と出会う。
大学卒業後、一旦は実家に帰るも25歳の時に「麻雀プロを職業にしたい」と考えプロの道を志す。

1981年、故・小島武夫らが立ち上げた日本プロ麻雀連盟に参加。
1981年、第9期王位優勝。
2000年、第12期麻雀最強戦優勝。
2013年、日本プロ麻雀連盟三代目会長就任。

キャッチフレーズ「手役アーティスト」「闘将」の通り、しっかりと作り上げられた手役による高打点のアガリが持ち味。好きな役はホンイツチンイツ・三色。


リーグ戦には出場していないが、タイトル戦や麻雀放送番組でも多く活躍している。
また、オンライン麻雀ゲーム「麻雀格闘倶楽部」や「ロン2」などでも、一緒に麻雀を打つことが出来る。
近頃は封印されつつある「アトミックリーチ」の復活を楽しみにするファンも多い。

森山茂和 タイトル歴

第12期 最強位
第9期 王位
第3・6・7・12・13・16回 天空麻雀優勝

森山茂和 プロフィール

生年月日 1951年11月6日
出身地 山口県
プロ入会 1981年(日本プロ麻雀連盟創設年)
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟(1期)
SNS なし
\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!