高宮まり、「淑女なベルセルク」のニックネームを持つ女流雀士




グラビアアイドルとしても活躍する女流プロ雀士

高宮まりは、雀士とグラビアアイドルの2つの顔を持つ女流プロ雀士。しとやかな見た目から想像つかない、攻撃的な麻雀を打つことから、「淑女なベルセルク」というニックネームを持つ。

マンガ『ベルセルク』を思い浮かべる人が多いと思うが、北欧神話で「異能の戦士」を指す「ベルセルク」から名付けられたそうだ。「獰猛プリンセス」というニックネームもあるが、本人は「淑女のベルセルク」を気に入ってるとのこと。

麻雀を始めてわずか1年でプロ入り。新人ながら、女流モンド杯や女流プロ麻雀日本シリーズで優勝するなど、雀士としての才能を開花させている。

Mリーグの「ドラフト会議2018」では、「KONAMI 麻雀格闘倶楽部」から二巡指名される。「KONAMI 麻雀格闘倶楽部」の所属が決まり、Mリーグ2018では佐々木寿人と前原雄大とチームを組んで参戦。

写真集「日本プロ麻雀連盟 女流プロ写真集 国士無双」、「麻雀「何切る」200人に聞きました!」(佐々木寿人との共著)、kindle版に「高宮まり テンパイ-聴牌」「高宮まり MARI Styles 満開に咲く」が発売されている。

高宮まり

高宮まりプロフィール

生年月日 1988年11月8日
出身地 茨城県
プロ入会 2010年
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟(27期生)
所属Mリーグチーム KONAMI麻雀格闘倶楽部
Twitter 高宮まり@takamiyamari

高宮まり タイトル歴

  • 第1回 女流プロ麻雀日本シリーズ優勝
  • 第11回 女流モンド杯優勝
  • 第8期 夕刊フジ杯争奪麻雀女王
  • 第17期 北関東プロリーグ優勝
  • 地方リーグチャンピオンシップ2019優勝
  • 女流雀士 プロアマNo.1決定戦 てんパイクイーン シーズン1 初代クイーン

「第11回 女流モンド杯」では、初出場ながら優勝を果たす。プロ入りわずか3年目での優勝という快挙を達成。「第1回 女流プロ麻雀日本シリーズ」でも優勝を果たし、初代覇者となる。

「第17期 北関東プロリーグ」で優勝を果たし、北関東代表として「地方リーグチャンピオンシップ2019」出場した。北関東プロリーグの勢いそのままに、チャンピオンシップでも優勝を果たす。

高宮まり Mリーグ戦績

『Mリーグ2018』
【レギュラーシーズン成績】 個人:19位 / ポイント:-273.9
【ファイナルシリーズ成績】 個人:4位 / ポイント:37.1

「KONAMI 麻雀格闘倶楽部」のメンバーとして参戦。レギュラーシーズンでチームは3位の成績を収め、ファイナルシリーズに勝ち進む。

高宮まりは、ファイナルシリーズでチームトップとなる個人4位の成績を収めるも、チームは4チーム中4位に終わる。高宮まりの個人4位の成績は、優勝チームの赤坂ドリブンズの3人に次ぐ順位であった。

高宮まり Mリーグ関連記事
Mリーグ2018ベストオブ【高宮まり】〜21人のMリーガー名場面集〜
思いっきり腕を振る!高宮まりが勝ち取った「有終の美」【熱論!Mリーグ/FS第22節】魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

高宮まり インタビュー記事
【熱論!21人のMリーガー】高宮まり・KONAMI麻雀格闘倶楽部〜麻雀もグラビアも楽しめる唯一無二の「未完成」〜

この記事のタイトルとURLをコピーする