魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー




熱論!Mリーグ【Thu】

魔法が解けた高宮まり

その時、狂戦士は

少女になった

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2018年11月8日

スケジュール欄に忘年会の予定がぼちぼち書き込まれる季節になった。1年が過ぎるのは本当にあっという間だ。

麻雀仲間との忘年会。何切るの話はもちろん出るとして、今年はMリーグの話に花が咲くことだろう。

好きな選手は? 推しチームは?? 

そんな話題で、男女問わず非常に多くの人が好きな選手として名前を挙げるであろう、

 

高宮まり選手、なんと今日がお誕生日とのこと。

他にも高宮のプロフィールについて、なにか気の利いたことがないかとネットで調べたみたら、

「高宮まりが彼氏と結婚??」

という記事があった。読んでみたところ、そこに書かれていたのは、

『結婚はしていないが彼氏がいる可能性はある』

という1ミリも役に立たない情報…

雀士の魅力は麻雀に有り。なにはともあれ、対局を観戦することにしよう。

1戦目

 

東1局3本場

いきなり点棒が大幅に減ってしまった高宮。ここで反撃のチャンスが訪れる。

 

ターツ選択の場面だ。ここはミスをしたくない。河をよく見て決めないと…

その河がこちら(白い牌が手出し、暗転している牌がツモ切りです。)

 

下家の茅森は、8巡目にをチーして打としている。

3巡目にとあるところからを切っている可能性が高い。ピンズの一通ならば、ホンイツを見るので切り出しが字牌からになることは少ないだろう。役牌の目も薄く、真ん中の牌がバラ切りされていることからも123の三色が濃厚だ。

高宮はを払っていくのがいいだろう。

しかし…

 

高宮の選択は。このあとも払っていく構えをとった。

が計3枚切られていることからの選択だと思うが、

は「ロン」と言われることだけでなく、「チー」と言われてもまずい牌。

茅森に先にアガられてしまっては、自分がアガることができなくなってしまうからだ。

ここは自身のチャンス手を成就させるためにも、

を払っていく方が良いように思う。

結果は…

 

絵にかいたようなド裏目。

 

思わず高宮も渋い表情。さらに追い打ちをかけるように、

 

高宮のアタリ牌になるはずだったを瀬戸熊がツモ切る。

開局から連荘している親番でこの手格好。勢いを大事にする瀬戸熊がそう簡単にオリに回るとは考えられず、高確率で瀬戸熊からアガれていたことだろう。

このとき、

 

茅森はカンでテンパイしていた。万事休す…

その後茅森がツモアガリ。テンパイが入らなかった高宮は放銃こそ免れたが、暗雲立ち込める立ちアガリとなった。

東3局

高宮の通り名は「淑女なベルセルク」。バーサーカーと同じ意味なのだが、ベルセルクと表現するほうが耽美な響きがするのはなぜだろうか。「ル」の音がちょっと艶っぽいからか。

ともかく、高宮の武器はその攻撃力。少し盛り返して迎えた親番、

 

この手牌。高宮は打とする。

のトイツ落としでタンヤオに向かう手もある。しかし、そのルートだと仕掛けは効くものの5800止まりになってしまうことが多い。

自分は親。リーチまでたどり着いたら一人旅になることも大いにあり、ツモることが出来れば4000オールからだ。

リーチ攻撃の得意な高宮らしい、門前手順の道を選んだ。

 

このツモで、打。5ブロックが強い形で決まる。

 

さらに、ソウズの最終形が両面へと変化。

ここで選択。

 

高宮はほぼノータイムでを切った。

が3枚切れているのでマンズの方を厚く持つということだろうが、実に速かった。

この「門前リーチの道」は自分が何度も通ってきた、自信のある道なのだろう。

 

次巡、選択がまさにドンピシャでリーチ。

 

そしてこの表情。目の前の獲物を捕らえるときの、気品ある戦士の顔だ。

どんなグラビアに出ているときよりも、麻雀をしているときの高宮は凛々しく美しい、と常々思う。

結果は、

 

なんと一発ツモ&裏ドラも乗って6000オールのアガリに。

仕掛け主体の手組にしていたら、この打点になっていないだろう。見事なルート選択だった。

南4局1本場

トップが目まぐるしく入れ替わる、空前の乱打戦になったこの半荘。オーラス1本場、高宮は2着につけている。

この局も荒れ模様。瀬戸熊と村上からリーチがかかる。

そして下の局面で、高宮は、

 

2件ともに通っていないをプッシュ。

これはさすがにやりすぎだろう。リーチに放銃してしまうとラス落ちの危険性がある。現状2着目。2着順ダウンしてしまうのは順位点の損失が大きすぎる。

アガれる見込みが高いならリターンが伴うが、現状まだイーシャンテン。そのうえテンパイ時にはピンズの無筋を1枚押さなければいけない形。

これからさらに危険牌を引いてくる可能性も高く、2件リーチに追いついてから自分がアガるというのは非常に厳しいといえるだろう。

このは通ったが…

 

次の2件無筋のも押した高宮。

これに村上からロンの声がかかる。

 

メンタンピン赤ドラ裏の12300点の放銃。

高宮は1回戦ラスになってしまう。

痛恨の放銃。

しかし、この放銃が高宮のハートに火をつけた。

2戦目が始まってからの、

 

高宮をとりまく気迫のオーラ。

「もう、絶対に負けられない」

この半荘に賭ける意気込みがモニターからひしひしと伝わってくる。

そして、トップが狙える位置で迎えたオーラス。たろうから、

 

このツモ切りリーチがかかるも、

高宮は、

 

をチー。粘ってケイテンを入れる。仕掛けているトップ目の茅森がオリてくれた場合、差を縮めてもう1回親番をすることが出来る。この半荘への意気込みを感じる粘りだ。

高宮の執念が、ここまで内容の良かった天才茅森のミスを誘う。

 

高宮と点差が縮まるのを嫌がった茅森、ハイテイでたろうに満貫を放銃。

粘りを武器に、高宮は念願のトップを獲った。

…その瞬間、

 

高宮にかかっていた魔法が解けた。

そう。卓を離れれば、やっぱり一人の可愛い女性なのだ。

麻雀をするときには狂戦士として戦うために、「ベルセルク」にメタモルフォーゼする魔法をかけて、自身を奮い立たせているのだろう。

 

その後のインタビューでも、いくつになったかを聞かれて

「サーティーン‼︎」

と答えていた高宮。もしかしたら「ベルセルク」ヴァージョンの年齢設定は13歳なのかもしれない。

美しきベルセルクがバースデートップを獲って、チームは間違いなく活気づいてくる。

忘年会シーズンまであと1か月少々。麻雀格闘俱楽部が持ち前の攻撃力を発揮してマイナスを減らすには十分な期間だろう。コナミサポーターが美味しくお酒を飲めるかは、寿人、高宮、前原3人の腕にかかっている。

2018年11月9日 ゆうせー

ゆうせー

京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

【関連記事】 負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】 魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】 亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】 それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】 二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】 これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】 変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】 卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】 進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】 俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】 “踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】 Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】 死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】 “ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】 Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】 近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】 高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】 女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】 もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】 俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】 ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】 狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】 二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】 “多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】 白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】 麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】 私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】 まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】 身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】 少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】 見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実 Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】 Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る! 「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記 サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」