油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】
油断したら噛み殺す!
天才・茅森早香は
猫を被った女豹

文・真中彰司【木曜担当ライター】2018年11月8日

時々目にする

「あなたは犬派?それとも猫派?」

といったアンケート。

私はと言えば、圧倒的な猫派である。

程よい脱力感で気ままに生きている姿が実に羨ましい。

最近は寝る前によく猫の動画を見ているのだが、今夜の猫は戦闘態勢だった。

 

猫は猫でも、「天才すぎる女雀士」こと、セガサミーフェニックスの茅森早香選手である。

ここまで6戦を終え、着順分布は1-0-3-2の-90.4pt。

12.1%というリーグ最下位の和了率が祟って、個人では下位に沈みかけている。

チームとしても、ポイントを上積みして上位を追いかけたいところだ。

そんな2勝目を目指す茅森、試合前の様子はこんな感じ。

 

相手を想定してイメージトレーニングか。さすが天才。

わざわざ「まじめです」とタグ付けするとはマメだなあ…

今日はどのような打ち回しを見せてくれるだろうか?

【第1試合】

瀬戸熊直樹(チーム雷電)
村上淳(赤坂ドリブンズ)
高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
茅森早香(セガサミーフェニックス)

第1試合の対戦相手は村上・瀬戸熊・高宮の3人。

ちなみにこの3人、リーグ内で副露率が最も低いトリオである。

試合はリーチが飛び交う打撃戦に。

 

茅森も東1局にこのチャンス手をリーチでぶつけるが、ツモれず流局。

 

東1局3本場にやっとの思いで三色・赤1の500-1000を上がる。

面前にこだわらず、瀬戸熊の連荘を止めたという点では価値のあるアガリだ。

しかし、トップにはまだ遠く及ばない。

そこから茅森は、羽化の瞬間を地中で待っているセミのように、ただひたすら耐え続けた。

 

高宮に6000オールをツモられても…

 

親番で早いリーチを受けて手が整わず、オリを余儀なくされても…

ただひたすらに耐え続けた。地中のセミのように。

ただ1つセミと違う点は、粘れる場面ではしっかり粘っていたというところだ。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする