瀬戸熊直樹、卓上を暴れまわる専売特許の猛連荘「クマクマタイム」の使い手




人生を麻雀に賭けてしまった「卓上の暴君」

瀬戸熊直樹は、これまで獲得してきたタイトルや実績から、誰しもが認める日本プロ麻雀連盟に所属するトップ麻雀プロである。「流れ」を重視し、それまでの経緯や運などを考慮し打牌選択を決める打ち手で、鋭い読みや守備力も定評があるが、重厚な攻めのスタイルが特徴。

麻雀プロになったことにより3年で会社を辞めプロ一本で生きていくことを決意する。そのため麻雀に掛ける思いは人一倍であり、日本プロ麻雀連盟のトップタイトルである鳳凰位と十段位を三度制覇したことのある唯一無二の存在で所属団体のエースである。

勝利のための道筋をまっすぐに進むことや、その暴れっぷりから「卓上の暴君」というニックネームを持ち、一度始まると手が付けられないほどの猛連荘をかけることが多く、その必殺技は「クマクマタイム(KKT)」と呼ばれ恐れられている。最近は冬眠中なのかその奥義は影を潜めるが、起きだした時の恐怖は計り知れない。

麻雀では圧巻の強さを誇り、団体の将来を背負う立場の瀬戸熊直樹だが、嫁には頭が上がらないらしい。

著書に「麻雀 アガリの技術」がある。

瀬戸熊直樹プロフィール

生年月日 1970年8月27日
出身地 千葉県勝浦
プロ入会 1997年
所属プロ団体 日本プロ麻雀連盟
所属Mリーグチーム TEAM RAIDEN/雷電
Twitter 瀬戸熊 直樹 @setokumanaoki

瀬戸熊直樹 タイトル歴

第26・27・29期鳳凰位
第28・29・30期十段位
第14期發王位
第6・9期無双位
第13期チャンピオンズリーグ
第6回チャンピオンカーニバル
所属する日本プロ麻雀連盟のトップタイトル「鳳凰位」「十段位」を三度制覇。「十段位」のタイトルは三連覇している。

瀬戸熊直樹 Mリーグ戦績

『Mリーグ2018』
【レギュラーシーズン成績】 個人:20位 / ポイント:-283.4
【ファイナルシリーズ成績】 出場無し
「TEAM RAIDEN/雷電」のメンバーとして参戦。レギュラーシーズンでは実力を発揮することができず、残念な結果となった。チームは7位の成績により、ファイナルシリーズへの進出を逃した。

瀬戸熊直樹 関連記事
【熱論!21人のMリーガー】瀬戸熊直樹・チーム雷電〜直球だけじゃない!変化する暴君の麻雀〜
ライディーン達を熱狂させる暴君・瀬戸熊直樹の『克己心』【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
【麻雀最強戦2018】優勝は瀬戸熊直樹プロ(日本プロ麻雀連盟)!!男子プロ代表決定戦 手役の極

この記事のタイトルとURLをコピーする