【雀士名鑑】竹内元太(たけうちげんた)、前代未聞!2日連続で優勝した男

竹内元太 プロフィール

竹内元太(たけうちげんた)は最高位戦日本プロ麻雀協会に所属するプロ雀士である。
最強戦でのキャッチは「めちゃ見てくる巨人」

1986年3月12日生まれ。O型。長野県出身。
中学・高校時代は軟式テニス部に所属、インターハイにも出場するほどの選手だった。
付属の大学に進学するも中退、ゲームセンターのアーケードゲームで麻雀にハマる。
麻雀とは関係のない仕事に就職するが、ネット麻雀で研鑽を積み、麻雀番組を観て奮起、上京しプロ雀士を目指す。

2013年、27歳のときに最高位戦日本プロ麻雀協会のプロテストを受け入会。
プロ入り後、3期ほどふるわない時期が続くが、特別昇級リーグでBリーグにジャンプアップ。そこからめきめきと頭角を顕しA1リーグまで到達。

初タイトルは2022年、麻将連合の「第24期BIG1(ビッグワン)カップ」優勝。
同年、自団体最高タイトル「第47期最高位」獲得。(同卓者は鈴木優醍醐大園田賢)
そして2023年、麻雀最強戦2023「タイトルホルダー頂上決戦」出場、Mトーナメント2023出場、Mリーグ新参戦チームBEAST Japanextの「ドラフト指名オーディション」で選考会へ選出されるも予選で敗れる。

関連記事:アガリだけが、麻雀じゃないと 教えてくれた“大きな天才”最高位・竹内元太が示した 麻雀の奥深さ【 麻雀最強戦2023 】タイトルホルダー頂上決戦観戦記【A卓】

同年、「第48期最高位」優勝、2016年の近藤誠一以来の連覇となった。(同卓者は坂本大志・太田安紀・村上淳)
そして最高位決定戦翌日に行われた同団体タイトル「第7期新輝戦(しんきせん)」も優勝し同年度二冠の偉業を達成。(同卓者は横田駿・本田晃一・平賀聡彦)
いま最高位戦で最も勢いのある選手の一人である。

麻雀教室も多く開催しており、普及活動にも力を入れているほか、Mリーグで解説を務めたことも。

仲がいいプロは石橋伸洋(最高位戦)、先輩ながら互いに切磋琢磨する仲間である。
好きな役は立直ツモ、勝負飯は焼き鳥、麻雀以外の趣味は登山、特技はかくれんぼとダジャレ、身長は192センチ。
座右の銘は「好きに勝る才能無し」

外部リンク:竹内元太は天才か(文・後藤哲冶) ※一部有料

【Mリーグ2023-24】最高位を連覇した、竹内元太プロが本日の解説で登場!!【Mリーグほぼ毎日4コマ】藤島じゅん/VOL.629

竹内元太 獲得タイトル

第24回 BIG1カップ
第47・48期 最高位

竹内元太 プロフィール

生年月日 3月12日
出身地 長野県
プロ入会 2013年
所属プロ団体 最高位戦日本プロ麻雀協会
SNS X/twitter

YouTube

関連リンク

【Mリーグ2022-23】近藤誠一選手、2023年初トップ!! そのとき、解説の竹内元太最高位は…!?【Mリーグほぼ毎日4コマ】藤島じゅん/VOL.421

最高位は今、真剣勝負の場に飢えている【 EX風林火山 IKUSA】竹内元太インタビュー

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ書籍/