石橋伸洋、最高位戦の黒いデジタル




悩む天才

石橋伸洋は若き天才であった。ネット麻雀東風荘で麻雀を勉強し大学時代にプロ入りすると、モンド杯に初出場で初優勝、さらにその2年後に發王位と最高位を獲得。飛ぶ鳥を落とす勢いでタイトルを独占した石橋は本も黒いデジタル麻雀進化するデジタル麻雀を著した。

しかし栄光は長くは続かなかった。石橋の得意とする「遠い鳴き」は徐々に他の選手に研究され、その後鳴きを減らすと今度は勝てなくなった。出場したあらゆる放送対局でも不振が続き、特に注目度の高かったRTDリーグは2017年、2018年と連続で不甲斐ない成績だった。

それでも2018年のMリーグドラフト会議では、実績を評価されU-NEXT piratesからドラフト3位で指名を受ける。

結婚もし子供も生まれ、本人としては何としても結果を示したかった1年目、しかし成績はマイナス162.4とまたしても不振。天才の悩みは続いた。ネット上のコメントでは石橋は1年目で終わりなんじゃないかという声も多かった。しかし石橋は2年目も契約更新を受ける。プロとして、父として背水の陣、石橋伸洋の戦いは続く。

石橋伸洋 プロフィール

生年月日 1980年9月29日
出身地 神奈川県
プロ入会 2003年
所属プロ団体 最高位戦日本プロ麻雀協会
所属Mリーグチーム U-NEXT Pirates
Twitter 石橋伸洋@rate1484

石橋伸洋 獲得タイトル

第36期最高位 第19期發王位 第10回モンド杯 第3期天鳳名人位
麻雀最強戦2017男子プロ代表決定戦鳳凰位最高位決戦 優勝

石橋伸洋 Mリーグ戦歴

【レギュラーシーズン成績】 個人:17位 / ポイント:マイナス162.4

25半荘打ってトップ4回と非常に苦しんだ。ただその中には、接戦のためあえてオーラスの親でノーテンにして2着終了した半荘もある。

石橋伸洋 関連記事
麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「空中決戦」観戦記【B卓】Mリーガー園田賢&石橋伸洋を喰らえ!次世代プロ達の挑戦
Mリーグ2018ベストオブ【石橋伸洋】〜21人のMリーガー名場面集〜
【熱論!21人のMリーガー】石橋伸洋・U-NEXTパイレーツ〜Mリーガーの中で最も平均打点が低い理由〜
「親番する?しない⁇」黒魔術師・石橋伸洋が選んだ運命のルート【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い!  石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
【麻雀最強戦2017】優勝は石橋伸洋プロ!! 「男子プロ代表決定戦 鳳凰位対最高位」

この記事のタイトルとURLをコピーする