私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Fri】

私の名前は石橋伸洋

赤字は垂れ流さない

文・阿部柊太朗【遊軍ライター】2018年10月5日

私の名前は石橋伸洋。

職業は麻雀プロ、U-NEXT Pirates所属のMリーガーだ。

左手にきらりと光るは結婚指輪、昨年入籍し子供にも恵まれ、まさに順風満帆な生活を送っている。

さて、今日もひとつポイントを稼ぎに行こう。

相手は美女2人にヒゲが1人か…やってやろうじゃないか。

〇東2局 牌譜 http://ur0.link/Mj3o

親番で素晴らしい配牌だ。

役牌の重なりが嬉しくないので、鳴かれないようにから切ろうか?

いや、この相手3人…副露率は低い。

ならばと切って河をおとなしくしよう。

黒いデジタル、現れり。

手がすくすくと育ってゆく。

まるで我が子のようだ。

順調に育った我が子が社会に飛び立つときが来た。

ダマでも12000の聴牌、マンズは場に高いな。

ダマっていてもアガリ率は高くなさそうだ。

それならば…

リーチ!

決まればこの半荘は私のもの!

山と私との一騎打ちだ!

なんだ?

高宮の様子がおかしい。

と無筋を4連打。

私にこんな手が入っているとも知らないで、無邪気なものだ。

高宮「ロン8000」

何を言っているのだ?

私は18000の両面ぞ。

カンごときに….。

 

〇東3局 牌譜 http://ur0.link/Mj3z

しかし、失ってしまったものは仕方がない。

相手が上手かった。

切り替えて次に進もう。

この手も当然…

リーチだ!

失った点棒、返してもらおうか。

またしても高宮の様子がおかしい。

なんなのだ。

なんだというのだ。