たたえた笑みの、奥底に 黒沢咲がトップへ手を伸ばし続けた結果【Mリーグ2023-24観戦記 3/14】担当記者 #後藤哲冶

たたえた笑みの、奥底に
黒沢咲がトップへ
手を伸ばし続けた結果

文・後藤哲冶【木曜担当ライター】2024年3月14日

Mリーグレギュラーシーズンは、大詰めを迎えている。

残り試合は、今週で全チーム10試合を切る。
どんな展開が待っていようとも、10試合を終えれば、下位3チームの敗退が確定。

そんな中、一番の苦境に立たされているのが雷電だった。
瀬戸熊が一度大きなトップを獲得したものの、その後3連続の4着でそのポイントは瞬く間に消滅。

ボーダーの風林火山との直接対決の今日、1試合目の瀬戸熊が終盤で粘りを見せたものの、差は広がってしまった。
彼我の差はおよそ150pt。

もう一戦たりとも落とせない雷電は、強気のヴィーナス、黒沢咲が登板。
その姿には、いつものように。
黒沢が見せる、たおやかな笑みがあった、

3月14日 第2試合

東家 勝又健志 (EX風林火山
南家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ
西家 黒沢咲  (TEAM雷電
北家 滝沢和典 (KONAMI麻雀格闘倶楽部

東1局

黒沢に好配牌が入った。
役牌東がトイツ、ドラ【7ソウ】が2枚。
オタ風の【南】もトイツなので、一気にホンイツに向かいたいところ。
ここはカン【5ピン】ターツを払って、【中】【白】の重なりも見て行く進行。

しかしそんな黒沢をよそに、驚きのツモを見せたのが、親番の勝又だった。
この悪くもないが、決して良くはなかった配牌が

僅か6巡でここまで仕上がった。
文句ナシの【5ソウ】【8ソウ】リャンメンリーチ。ツモれば6000オールからの大物手だ。

これを受けて困ったのが黒沢だった。
リーチ後に持ってきたマンズ2つは、勝又に通っていない。
切る牌の選択肢は3つ。
マンズを強く押す、【東】【南】

ホンイツの打点を見るなら、【4マン】【3マン】を落とし、ピンフテンパイを目指すなら【東】
より安全に、リャンメン2つのイーシャンテンに構えるなら、1枚切れている【南】

黒沢が選んだのは、【南】だった。
実況解説席では少し弱気な選択で、黒沢らしくないとの声もあったが、そういった印象は全く受けなかった。

マンズ2つはいずれも勝又に通っておらず、【4マン】に至ってはいわゆるダブル無スジの牌。
親リーチを相手にそのターツを切り飛ばしていくのは勇敢ではなく無謀だ。
東を切った場合、シャンポンに当たるケースが存在し、その時相手はダブ東なので放銃時の打点が高くなる。
ピンフの1翻のために、東の放銃抽選を受けるのは、得策とは言い難い。

そこで、安全に2枚消費しつつ、追い付いたらリーチをかけられる【南】切りが一番優れているように見える。打点はそもそもドラが3枚あって十分だ。
もとより、黒沢はこうしたメンゼンでの押し返しが優れている選手。
むしろこの選択は良さが出た一打のように見えた。

狙い通り、【2マン】を引き入れてリーチに辿り着く。
【3ソウ】【6ソウ】は、山に3枚。
リーチ対決の相手は、現在レギュラーシーズン突破を争う風林火山の勝又。
運命を大きく分ける、最初のめくり合いは――

黒沢が一発で制した!
僥倖の3000、6000。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/