4年ぶりのファイナルを目指す古橋崇志、5度のアガリで決勝卓へラビットジャンプ! 麻雀最強戦2020「プロ雀士ランキングベスト16大会」観戦記【D卓】

4年ぶりのファイナルを

目指す古橋崇志、

5度のアガリで決勝卓へ

ラビットジャンプ!

麻雀最強戦2020

「プロ雀士ランキング

ベスト16大会」

【D卓】担当記者:東川亮 2020年4月5日(日)

タイトル「4年ぶりのファイナルを目指す古橋崇志、5度のアガリで決勝卓へラビットジャンプ!」

竹書房が主催する、「麻雀最強戦2020」。

「日本で一番麻雀が強いヤツ」を決めるこの大会では、さまざまなテーマで集められた雀士が12月に行われるファイナルへの切符をかけ、一発勝負で鎬を削る舞台だ。

4/5に行われた「プロ雀士ランキングベスト16大会」は、実力はありながらもなかなか表舞台に出て来なかった雀士たちによる戦い。

これまでは8名が参加し、予選卓は2位まで勝ち上がりという方式が多かった麻雀最強戦において、本大会は16人で1位のみが決勝へ進めるというレギュレーションになっている。

これは一発勝負の舞台をよりひりついたものにさせると共に、より多くの魅力的な雀士を麻雀ファンに知ってほしいという、大会サイドの思いによるものだ。

本記事では、以下の4名で行われた予選D卓の模様をお届けする。

日本プロ麻雀連盟・古橋崇志(ふるはし たかし)

日本プロ麻雀連盟・藤島健二郎(ふじしま けんじろう)

日本プロ麻雀協会・田内翼(たのうち つばさ)

最高位戦日本プロ麻雀協会・齋藤敬輔(さいとう けいすけ)

東家:齋藤 南家:田内 西家:古橋 北家:藤島

1戦必勝が求められる麻雀最強戦。

まずアガリを決めたのは藤島だった。

東1局で4巡目に先制のリャンメンリーチを打つと、田内にドラポンなどで応戦されるものの、ツモり切って1300-2600。

 

次局は齋藤が4巡目にカンpastedGraphic_7.png待ちの三色確定リーチを打つも、藤島が押し切って斎藤から2000点を直撃。

このとき、藤島はpastedGraphic_7.pngpastedGraphic_9.pngのシャンポン待ちだったのだが、pastedGraphic_10.png引きの際に齋藤の後スジpastedGraphic_11.pngを頼って待ちを変えていたら、齋藤に放銃していた。

一つの選択が天と地の差となる麻雀において、そのことが色濃く出たシーンだ。

東3局も、先手を取ったのは齋藤。

pastedGraphic_13.pngを仕掛け、5巡目にしてpastedGraphic_9.pngドラドラ、5200点のテンパイを組む。

待ちは、形は違えど前局と同じpastedGraphic_7.png

そこに、親の古橋からドラを切ってpastedGraphic_15.pngpastedGraphic_16.pngpastedGraphic_17.png待ちのリーチが入った。

打点も形も十分だ。

これに対し、齋藤は一発目に引いた無スジpastedGraphic_11.pngを押す。

1戦勝負、しかもビハインドを背負っている状況では、親リーチと言えど押すべきところは押し切らないと勝ちきれない。

結果は古橋のツモアガリ。

4000オールで、まずは一歩抜け出した。

ところで、古橋のシャツにはウサギの柄がプリントされている。

本人の好きなブランドとのことだが、こうした見た目の面からでも視聴者に印象付けようという狙いは、麻雀プロのセルフアピールとしては有効な手段の一つではないかと思う。

やはり、プロは知ってもらって、記憶に残ってなんぼだ。

服装や格好が特徴的と言えば、この日はスーツだった藤島は、SNSではバスローブ姿で人気とのこと。

この日の放送では、そんな小ネタが画面左上の小窓にて紹介されていた。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!