伊達朱里紗、佐々木寿人に続いて同日2連勝!! 麻雀格闘倶楽部はABEMASをかわして首位に!!

伊達朱里紗、佐々木寿人に

続いて同日2連勝!!

麻雀格闘倶楽部は

ABEMASをかわし首位に!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」の2日目、第2戦は伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。佐々木寿人に続いて麻雀格闘倶楽部が2連勝を決めて首位の座についた。

第1戦の対局者は、セガサミーフェニックス東城りおKADOKAWAサクラナイツ沢崎誠U-NEXT Pirates小林剛、そして伊達の4名。

東1局は、北家・小林が【白】アンコの手で赤含みの仕掛けから発進。最終巡目でテンパイ維持を選んだ親の東城から放たれた、ドラの【7マン】を捕えて5200点。

東2局、南家・伊達が9巡目にリーチ。これに小林がチートイツ・ドラ2の地獄の【發】単騎で追いかけるが、2巡後につかんだ【5マン】が伊達に命中。ピンフ・赤1の3900点。

東3局は東城が1300・2600をツモアガリ。一進一退の攻防が続く。

東4局1本場、伊達が1巡目から【發】を鳴いてピンズのホンイツに向かう。9巡目に東城からリーチがかかり、小林が現物の【5ピン】をツモ切ると伊達にストライク。ホンイツ【發】【北】の8000点。伊達が一歩リードする。

南2局に、沢崎がドラ2・赤2の手から【發】を鳴いて親のマンガンをテンパイ。3着目の東城が【6ピン】【9ピン】待ちリーチで挑むが、沢崎の【4マン】【7マン】待ちに捕まって12000点を打ち上げる。

オーラスは、東城がマンガンツモっての3着浮上を賭けてリーチをかけるが、ウラドラ1枚が及ばず1300・2600を加点しての4位で試合終了となった。

伊達の逃げ切りによって麻雀格闘倶楽部はセミファイナル2連勝。ABEMASをかわして首位に立った。

伊達はインタビューで、

「よかった〜というのが大きいですね。(佐々木)寿人さんが今シーズン初役満を決めて大トップを取ってくれたので、それに続けてめっちゃよかったなと思います。(初のセミファイナルは)緊張はけっこうしていて、短期戦なので今日16分の2トップを取れたのは大きなアドバンテージだと思います」

と語った。

【Result】
1着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 3万8000点/+58.0
2着 沢崎誠サクラナイツ 3万2900点/+12.9
3着 小林剛・パイレーツ 1万6200点/▲23.8
4着 東城りお・フェニックス 1万2900点/▲47.1

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +272.4(2/16)
2位 渋谷ABEMAS +259.7(2/16)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +98.2(2/16)
4位 U-NEXT Pirates +43.6(4/16)
5位 EX風林火山 +41.6(2/16)
6位 セガサミーフェニックス +34.5(4/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ2日目 

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
3月22日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ2日目

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/