軋むオリハルコンハート…笑顔で港へ帰りたい瑞原明奈を襲う“魔の手”【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【Mon】

軋むオリハルコンハート…

笑顔で港へ帰りたい

瑞原明奈を襲う“魔の手”

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2020年1月13日

瑞原明奈の参入で、U-NEXT Piratesには笑顔が増えた。

お馴染みとなったこの決めポーズや、

麻雀はサイボーグ、心臓は鋼鉄製でおなじみの、小林剛をも巻き込んでのハイタッチ。

このように、デジタル男子三人衆に溶け込みながら、持ち前の朗らかな人柄と溢れんばかりのエネルギーで、瑞原はチームのムードを明るくしているように思う。

本日1月13日(月)1戦目は、

そんな瑞原明奈の2020年初陣となった。

東家 村上 淳 (赤坂ドリブンズ)

南家 瑞原 明奈 (U-NEXT Pirates)

西家 佐々木 寿人 (麻雀格闘倶楽部)

北家 内川 幸太郎 (サクラナイツ)

実況 小林 未沙

解説 土田 浩翔

この日、瑞原は親番で大物手を連発。

東2局は、

寿人とのリーチ合戦を制して、リーチツモピンフ三色の4000オールをツモアガリ。

南場では南2局に、

ツモタンヤオドラ3の4000オールをツモアガる。

いかにも順調な旅路に見えた。しかし私の胸には、ほんの少しのモヤがかかっていた。

南2局5巡目、

瑞原は、ここから、

とする。マンズは三面張を固定し2ブロック想定。ソウズも同じく2ブロック。ピンズはを残すことで引きに備えて1ブロックを見込み、安全牌の白も抱えるのが狙いだろう。

しかし、マンズを切るのが早すぎるのではないだろうか。の形は、

あたりを引くと良形で3ブロックが望める、良い牌の並びだ。

例 ツモ→

(引きで良形待ち3ブロック)

ここは攻撃的にいくなら目一杯の打白。やや守備気味に進めるのなら打がよいように思う。

効率的な手組が武器の瑞原。ドラドラがある親番の手牌にしては、やや消極的な選択に感じた。

だが、そんな私の不安をよそに、南2局1本場は、

村上の一人テンパイで流局。1000点を払っての親落ちなら歓迎だ。

チームメイトの小林同様、ハートがとても強い瑞原。ここでの表情も非常に落ち着いて見える。

あと2局、他家の親を落とせばトップだ。Piratesは直近数戦、トップが取れそうで取れないで歯がゆい展開が続いている。

『この試合こそは…』

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!